クラシック音楽,コンサート,matsumo,matsumo2,matsumoto,matumoto
Japanese Only
前ページ クラシック音楽の紹介目次 Home 次ページ

コンサートの感想 -2011年-

最終改訂:2012. 1.29(前回:2011. 6.30)

2011年12月29日(木) 第27回 三越の第九(三越日本橋本店・中央ホール)

 2011.12.29(木),地下鉄「三越前駅」近くの「三越・日本橋本店」にて開催された「第27回 三越の第九」を聴いてきました。これ,毎年の今頃,やっているのを知っていましたが,実際に聴きに行ったのは今年が初めてです。1階の吉祥天像がある中央ホールで,12:30からと14:30からの2回行われるのですが,後者を聴きました。椅子に座ろうと思って14:00頃に行ったのですが,既に,椅子席は満員で,周りに立っている人がいる状態で,残念ながら,座れませんでした。仕方がなく30分程,立ったままで待ちました。

 14:30より司会者の紹介を受けながら,合唱団が入場し,吉祥天像を囲むようにして,階段部分に並びました。次は独唱者4名が吉祥天像の前に,そして,指揮者が入場しました。ここにはパイプオルガンが備え付けられていることから,私はてっきり,パイプオルガンの伴奏で歌うのかと思っていたら(オーケストラではないことは知っていました),何と,2台のピアノによる伴奏でした。聴衆は2階以上のバルコニーにいる人を含めれば,300名程度でしょうか。さて,演奏された曲と演奏者は以下です。

 ベートーベン:「交響曲第9番」より「第4楽章」の声楽部のみ
 松浦ゆかり指揮台東区民合唱団,大野さなえ(pf),黒尾友美子(pf),高橋維(S),松井彩乃(A),宮里直樹(T),池内響(Bs)

 演奏は,第4楽章の歌が始まる直前よりピアノにより開始され,そして,テノールの歌が入りました。そして,合唱等が続きました。聴いていて驚いたことは,オーケストラだけによる二重フーガの部分も省略されていたことです。まあ,第4楽章の前半のオーケストラだけの部分が省略するのは仕方がないと思いますが,この二重フーガの部分が無いと,気の抜けたサイダーみたいな感じです。

 それにしても,やはり,ピアノ伴奏と言うのは音量的,音色的に不足で,やはり,オーケストラの伴奏が欲しいですね。オーケストラでないと締まらない感じです。でも,これがピアノではなく,もし,パイプオルガンだったら,音色も色々とあることからもっと違って聞こえたのではと思います。

 なお,女性ソリストはロングドレス姿で,特に,松井さんは胸を強調した衣装でした。

 また,指揮の松浦氏は何と,このコンサートの第1回目から連続して指揮しているのだそうです。その上,驚いたことは,普通のコンサートの場合,撮影は禁止なのですが,ここでは演奏中であっても撮影は自由であったことで,ストロボを光らせても意味はないと思うのに,ストロボを光らせて撮影している人が結構いました。あ,私は勿論,演奏中は撮影しておりません(ストロボは使わず,ISO1600で撮影しました)。

 と言うことで,家に戻ってから,渡邉暁雄指揮日本フィルハーモニー管弦楽団,日フィルコーラス,斎藤江美子(S),戸田敏子(MS),森敏孝(T),川村英司(Br)による第4楽章の後半のティンパニイ以降の録音(直径20cm両面ソノシートを自分でCD化したものです)を聴き直しましたが,やはり,こちらの方が遙かに良かったです。この曲にはオーケストラは必須だと思います。

2011年12月25日(日) 新宿交響楽団 第42回定期演奏会(新宿文化センター・大ホール)

 2011.12.25(日),本日も大寒波で青空だったので,まずは,地下鉄赤塚駅より歩いて20分位の所にある「板橋区立赤塚植物園」に行って「シモバシラ」の撮影後,歩いて,新宿駅近くの「新宿文化センター」に行き,そこの大ホールにて「新宿交響楽団 第42回定期演奏会」を聴いてきました。聴衆の入りは1階席で座席の9割程度と盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)モーツアルト:歌劇「ドン・ジョバンニ」序曲
 (2)R.シュトラウス:交響詩「死と変容」
 (3)シベリウス:交響曲第1番
 (4)シベリウス:「カレルヤ組曲」より「行進曲」
 (5)シベリウス:アンダンテ・フェスティーヴォ
 高畠浩指揮新宿交響楽団

 さて,感想ですが,(1)はもう少し,デモーニッシュな感じが欲しかったです。(2)は後半の浄化される部分が良かったです。

 (3)は第1楽章の冒頭のクラリネットは良かったですし,ティンパニイの強奏を伴う北欧風の感じが素晴らしかったです。第3楽章はまあまあ,そして,第4楽章となり,その後半は音がうねる感じになり素晴らしかったです。

 (4)(5)はアンコールで演奏されたもので,(4)はシベリウスの曲の中で最も好きなこともありますが,心がウキウキするような感じの演奏でした。

 (5)は東日本大震災で亡くなった方々を追悼する意味もあって演奏する旨が指揮者より述べられた後に演奏されたものです。初めて聴いた曲ですが,弦楽合奏とティンパニイによって演奏され,なかなか,聴かせる感じの曲でした。

 と言うことで,(3)と(4)を聴けて良かったです。

2011年12月19日(月) 第106回ランチタイムコンサート 〜クリスマススペシャル〜(新宿文化センター・大ホール

 2011.12.19(月),新宿駅近くの「新宿文化センター・大ホール」にて「第106回ランチタイムコンサート 〜クリスマススペシャル〜」を聞いてきました。聴衆の入りは座席の3割程度と非常に寂しいものでした。さて,演奏されたのは以下です。

 (1)大島ミチル:風笛
 (2)メンデルスゾーン:歌の翼に
 (3)エンリオ・モニコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス・メドレー
 (4)フェリックス・バーナード:ウィンター・ワンダーランド
 (5)クリスマス・メドレー(カノン ジングルベル 荒野の果てに 諸人こぞりて)
 (6)ドイツ民謡:もみの木
 渡辺多真美(fl),宮崎ありさ(vn),長久保智子(pf)

 さて,感想ですが,(2)はフルート主体で非常に美しかったです。(3)も良かったのですが,これを聴きながら思ったことは,結局,第二次世界大戦後に活躍した所謂現代作曲家達はモリコーネを越えられなかったと言うことです。モリコーネの曲は残っても,現代音楽作曲家の曲は,ますます,演奏されることは無くなると思います。(5)はパッフェルベルのカノンと一緒にジングルベルを演奏するのは笑ってしまいました。なお,(6)はアンコール曲です。

 (7)チャイコフスキー:舞踊音楽「クルミ割人形」より「花のワルツ」
 (8)ファリャ:スペイン舞曲
 (9)サンサーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ
 (a)チャイコフスキー:「なつかしい土地の思いで」より「メロディ」
 (b)サラサーテ:チゴイネルワイゼン
 (c)スコットランド民謡:アメージング・グレイス
 前田みねり(vn),高田のぞみ(pf)

 (7)(8)はバイオリン用の編曲にしたもので,あまりに技巧的過ぎましたので,その後に聴いた(9)は元々,バイオリン独奏用の曲と言うこともあり,さすがにサンサーンスだと思いました。(b)は速い部分は良かったのですが,なぜか,中間の叙情部で2回程,弾き損なったのが残念でした。(c)はアンコール曲で,しみじみとした感じで,実に素晴らしい演奏でした。

 と言うことで,本日は(11)を聴くことができて良かったです。

2011年12月11日(日) <フレッシュ名曲コンサート> 北区第九演奏会(北とぴあ・さくらホール)

 2011.12.11(日),王子駅近くの「北とぴあ・さくらホール」にて,「<フレッシュ名曲コンサート> 北区第九演奏会」を聴いてきました。12月になって,初めての第九コンサートです。本日は朝から快晴の上,午後になっても青空が続いていると言う素晴らしい天気の日だったので,本当は鎌倉に紅葉の撮影に行きたかったのですが,2ヶ月程前にこのコンサートのキップを入手していたので,仕方がありません。まさか,このように紅葉が遅れて,まだ,十分にモミジの紅葉が撮れるとは思ってもみませんでした。さすが,12月は第九と言うことで,聴衆の入りはほぼ満席と盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)ベートーベン:劇音楽「エグモント」序曲
 (2)ベートーベン:交響曲第9番
 広上淳一指揮東京交響楽団,北区第九合唱団,高橋さやか(S),富岡明子(MS),与儀巧(T),青山貴(Bs)

 (1)は前半は萎縮しているような感じでしたが,後半になって急に盛り上がって素晴らしい演奏になりました。

 そして,休憩無しで,(2)に入りました。第1楽章は力の籠もった演奏で,かつ,テンポは適切で,力感,溢れた演奏ものでした。第2楽章もそれは続き,そのダイナミックさが素晴らしかったです。そして,合唱団と独唱者達が舞台に上がった後(独唱者達は指揮者の前に座りました),第3楽章が始まったのですが,緊張が途切れてしまったのか,前半は冴えない感じでした。しかしながら,後半になり,音楽が急にうねるような感じとなりました。そして,第4楽章に入ったのですが,また,音楽は不調となり,特に,「喜びの歌」がコントラバスで入る所などはえらく違和感を覚えましたが,声楽が入ると力感溢れたものとなり,急に良くなりました。特に,オーケストラだけの二重フーガは良かったです。それにしても,本日の合唱団は力強く,素晴らしかったです。

 と言うことで,本日は行って良かったです。

2011年12月10日(土) 都民交響楽団 2011年特別演奏会(東京文化会館・大ホール)

 2011.12.10(土),上野駅近くの「東京文化会館・大ホール」にて,「都民交響楽団 2011年特別演奏会」を聴いてきました。聴衆の入りは1階席で座席の9割程度と,このオーケストラのコンサートとしては寂しいものでした。やはり,プログラムにヒンデミットが入っているとか,指揮者が日本人では無いとかがあるのではと思います。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」
 (2)ヒンデミット:クラリネット協奏曲
 (3)チャイコフスキー:交響曲第4番
 金供才指揮都民交響楽団,磯部周平(cl)

 (1)は全体的に音が痩せていて冴えない感じでした。

 (2)は多分,初めて聴く曲で,全体から言えば,わざわざ聴く必要は全く無い曲だと思いましたが,それでも,オーケストラ協奏曲ではないかと思うほどの音響の多彩さ,オーケストラの中での金管楽器等による独奏的な演奏は良かったですし,クラリネットによる第2楽章のラグ・タイム風の部分も中々でした。

 (3)は重心が高い演奏で,金管楽器の活躍は素晴らしかったのですが,全体的に明る過ぎ,チャイコフスキーの憂鬱さが全く感じられないものでした。こう言う演奏を聴くと,トスカニーニがこの曲を演奏しなかった理由がよくわかります。あまりに外面的過ぎて,チャイコフスキーの暗さが全く感じられない演奏でした。もっと,精神性を感じる演奏にして欲しいです。

 と言うことで,指揮者は本日の演奏はダメだとわかったのか,アンコールは無しでした。次回はもっと,まともな演奏を聴きたいです。

2011年12月 4日(日) 北区民オーケストラメンバー有志による室内楽コンサート(滝野川会館・大ホール)

 2011.12. 4(日),上中里駅近くの「滝野川会館・大ホール」で行われた「北区民オーケストラメンバー有志による室内楽コンサート」を聴いてきました。昨日はほぼ1日雨でしたが,本日は朝から青空の上,ポカポカ陽気だったのですが,聴衆の入りは座席の7割程度と意外に多かったです。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)ベートーベン:七重奏曲変ホ長調より第1・4・6楽章
 若宮あや(cl),中野正弘(fg),関川一紀(Hr),中野律子(vn),杉原泰三(va),萩原達也(vc),足利直子(コントラバス)

 (2)タファネル:木管五重奏曲ト短調
 中村治子(fl),大塚綾子(ob),田代安正(cl),斎藤友香理(fg),橋本忠司(Hr)

 (3)ベートーベン:音楽時計のためのアダージョ(W.ヘス編曲)
 (4)シューベルト:3つの軍隊行進曲より第2番・第1番(J.フランセ編曲)
 福原幸子(ピッコロ・fl),和田里絵(fl),神杉久美子(ob),小宮祐一(ob),飯田正美(cl),田代安正(cl),斎藤友香理(fg),中野正弘(fg・コントラfg),大熊美結紀(Hr),鈴木貴子(Hr)

 (1)はベートーベンの若書きと言う感じの曲で,深みは全く感じられないものですが,それでも第6楽章が中々良かったです。

 (2)は初めて聴く曲で,第1楽章は旋律が趣味でなかったが,第2楽章はオーボエが活躍して中々良かったです。

 (3)も初めて聴く曲でしたが,意外に良い曲であったことには驚きました。(4)では,多分,初めて聴いた第2番はつまらない曲とは思いましたが,やはり,第1番は名曲ですね!! 本日,聴いた曲の中ではピカ一でした。

 それにしても,「室内楽」と言うイメージからは,2人で演奏するバイオリンソナタや4人で演奏する弦楽四重奏曲と言う感じがしますが,このコンサートでは最大10名で演奏する室内楽でした。

2011年11月26日(土) 第22回 としま区民芸術祭 豊島区管弦楽団演奏会(豊島公会堂)

 2011.11.26(土),池袋駅近くの「豊島公会堂」で開催された「第22回 としま区民芸術祭 豊島区管弦楽団演奏会」を聴いてきました。この隣の豊島区民センターの中のホールは何回か入った記憶がありますが,この豊島公会堂のホールは本当に久しぶりです。それにしても,ここは床は平らで,舞台は額縁入りと,正に「古いホール」と言う感じです。本日の聴衆の入りは座席の9割程度と,合わせて1時間位と言う短いプログラムにしては大盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)モーツアルト:クラリネット協奏曲イ長調
 (2)モーツアルト:交響曲第40番
 佐々木新平指揮豊島区管弦楽団,水越裕二(cl)

 (1)はオーケストラの音が不安定でしたが,クラリネット独奏の方はまあまあの音だったと思います。

 (2)は,第1楽章と第4楽章が良かったです。

 本日,思ったことは,モーツアルトの曲って,楽譜のまま,演奏していてはダメで,緩急,強弱等を緩やかに行いながら演奏しなければならないと言うことで,第1・第4楽章に関しては,これが守られていたと思います。なお,本日はアンコール無しでした。

2011年11月13日(日) モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」(北とぴあ・さくらホール

 2011.11.13(日),王子駅近くの「北とぴあ・さくらホール」で行われた”モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」”を聴いてきました。これは,コンサート形式で,イタリア語上演・日本語字幕付のものです。コンサート形式にしろ,歌劇の上演に行くのは久しぶりです。そして,聴衆の入りはほぼ満席と大盛況でした。さて,演奏者は以下です。

 寺神戸亮指揮レ・ボレアード(復元楽器),北区民混声合唱団
 森麻季(S),ロベルタ・マメリ(S),高橋薫子(S),櫻田亮(T),大山大輔(Br),フルヴィオ・ベッティーニ(Br)

 演奏はオーケストラ(チェンバロを加えて約30名)は舞台に上がり,その後に合唱団(約30名)が,そして,前では歌手達が軽い演技をつけながら歌うと言うもので,舞台には丸いテーブルと椅子もあり,それも活用し,ライトの当て方の色々と変えたりしました。また,歌手も合唱団も舞台に出たり,退いたりしながら,歌いました。そして,舞台の左右には縦に細長い電光掲示板が置かれ,日本語訳が表示されました。森氏は胸を大きく出した銀色のロングドレス,マメリ氏はだいだい色の光るロングドレス姿でしたが,後者は肩幅が広いガッシリした体格なので,妹役と言うより,姉役に見えました。ただし,肩幅が狭い森氏よりこちらの方が遥かに美人でした。

 さて,感想ですが,私はこの曲はほとんど聴いたことが無かったのですが,本日はモーツアルトの音楽の力はこんなにすごかったのかと驚き,その力を存分に感じました。と言うか,モーツアルトの歌劇って,こんなに素晴らしいものであったのかと,再認識しました。ともかく,その感情表現の豊かさ,その情報量は圧倒的でした。特に,第1幕の最後はものすごい盛り上がりでした。また,合唱団も素晴らしかったです。また,第2幕も中々,良かったです。歌手に関しては,森氏以外は素晴らしいできで,特に高橋氏は素晴らしかったです。この演奏,名演だったと思います。

 なお,このオーケストラは復元楽器を使用しているとのことですが(確かに,木管楽器は本当に木管でしたし,バイオリンはあご当てが付いていませんでした),確かに音はやや低く,全体的地味な感じで,また,ティンパニイの音も独特でしたが,音色的に大きく現代楽器と異なるとは思えなかったし,これならば,現代楽器で演奏しても十分に似た効果が出るのではと思いました。おかげで,ハルノンクールやノリントン等が復元楽器オーケストラから現代楽器オーケストラに転向した理由がよくわかりました。まあ,考えてみると,この手の演奏って,合唱団は復元発声法,復元発音ではないでしょうし,おそらく,歌手達もヴィヴィラートは抑制していても,発声法や発音は現代のものだと思います。

 それにしても,本日は,14時前から18時直前まで,ほぼずっと座りっきりで(途中,20分間の休憩はありましたが),疲れきりました。その上,お尻も痛くなりましたし。LP時代はこの曲は3枚組だったので,演奏時間は3時間と思っていたので,アリア等の後の拍手等を加えればこの位の時間になるのでしょうが。

 と言うことで,本日は,素晴らしい演奏で行って良かったです。

2011年11月 4日(金) 東京文化会館 モーニング・コンサート Vol.53(東京文化会館・小ホール)

 2011.11. 4(金),上野駅近くの「東京文化会館・小ホール」で行われた「東京文化会館 モーニング・コンサート Vol.53」を聴いてきました。聴衆の入りは満席と盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)ストラビンスキー:「イタリア組曲」より「第1曲」
 (2)チャイコフスキー:「懐かしい土地の思い出」より「瞑想曲」
 (3)サラサーテ:カルメン幻想曲
 (4)フランク:バイオリンソナタ イ長調
 (5)ドビュッシー:美しき夕暮れ
 二瓶真悠(vn),石井敏貴(pf)

 二瓶氏はスカート部分が大きくふくらんだ薄紫色のロングドレス姿で,非常に良く似合っていました。

 (1)はどこかで聴いたことがあると思ったら,バレエ音楽「プルチネルラ」をバイオリン曲にしたものだそうです。と言っても,確か,このバレエ曲の旋律は他の作曲家の曲のメロディを拝借したものですが。と言うことで,この曲は初めて聴く曲でしたが,中々,良かったです。

 (2)も初めて聴く曲でしたが,何と,あのバイオリン協奏曲の第2楽章用に作ったのですが,最終的にそれは使われず,(2)になったのだそうです。憂鬱な感じの曲で,確かに,バイオリン協奏曲で使わなかったのは正解だったと思いますが,中々,良い曲でした。

 (3)はアナスタシアが演奏・録音したCDで聴いているものですが,本日の演奏はそれよりも遥かに情熱的な演奏で,素晴らしかったです。本日の一番の聴きものでした。

 (4)はあまり好きな曲ではないのですが,第1楽章はガッカリする演奏でした。しかしながら,早いパッセージの第2楽章になると,急に情熱的な感じとなり,素晴らしかったです。第3楽章はその余勢を借りて素晴らしさが続きましたが,第4楽章になると,名残りと言う感じになってしまいました。それにしても,この曲はバイオリニストのイザイに新婚祝いとして贈ったのだそうですが,新婚祝いにしては寂しい感じがしますね。

 (5)は勿論,アンコール曲で,綺麗な感じの曲でした。

 と言うことで,本日は(3)と(4)の第2楽章が聴けて良かったです。
2011年11月 3日(木) ル スコアール管弦楽団 第31回定期演奏会(すみだトリフォニーホール 大ホール

 2011.11. 3(木),錦糸町駅近くの「すみだトリフォニーホール 大ホール」で行われた「ル スコアール管弦楽団 第31回定期演奏会」を聴いてきました。聴衆の入りは座席の95%程度と大盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)ウォルトン:「ポーツマス・ポイント」序曲
 (2)コダーイ:ハンガリー民謡「孔雀」による変奏曲
 (3)プロコヒエフ:交響曲第5番
 大井剛史指揮ル スコアール管弦楽団

 (1)は,多分,初めて聴いた曲ですが,金管と打楽器が大活躍する華やかなものでしたが,残念ながら,私の趣味の曲ではありませんでした。

 (2)はあのメンゲルベルクが得意としていた曲の1つで,同氏指揮コンセルトヘボウ管弦楽団の録音が何種類か出ていますが,さすがに生で聴くと,金管楽器や打楽器が生々しいですね。と言っても,こちらも私の趣味の曲ではありませんでしたが。

 (3)も私は滅多に聴かない曲で,本日,初めてまじめに聴いたのではと思いますが,意外に良い曲ではと思いました。と言っても,これ,ドイツ風の精神性を感じるものではなく,言わば,バレエ曲みたいなもので,この曲で,十分に踊れるのではと思いますが。あ,これも,金管楽器,各種打楽器,ピアノ等が大活躍するものでした。

 なお,本日は勿論,アンコールの演奏はありませんでした。これだけ,金管楽器が活躍すれば,アンコール曲の演奏は無理だと思いますし,第5番の演奏がこれだけ良かったのですから,その余韻が消されずにホールを去ることができて良かったです。

2011年10月30日(日) 日曜特別コンサート <<トリオの愉しみ>>(旧東京音楽学校奏楽堂)

 2011.10.30(日),上野駅近くの「旧東京音楽学校奏楽堂」で開かれた「日曜特別コンサート <<トリオの愉しみ>> 〜ドヴォルジャークの作品を中心に〜」を聴いてきました。ここでコンサートを聴くのはこれで2回目です。このホール,340名程入れるのですが,ほぼ満席となりました。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)エルガー:朝の挨拶
 (2)ドボルザーク:我が母の教えたまいし歌
 (3)ドボルザーク:ユモレスク
 (4)ドボルザーク:「スラブ舞曲集」より「第10番」
 (5)ブラームス :「ハンガリー舞曲集」より「第6番」
 (6)ドボルザーク:ピアノ三重奏曲第4番
 (7)ブラームス :「ハンガリー舞曲集」より「第5番」
 斎藤咲恵(vn),山岡真弓(vc),沢田千秋(pf)

 (3)のみ,ピアノ独奏で,他は全て3人で演奏しましたが,最も良かったのは(3)でした。この曲はてっきりバイオリンとピアノの為の曲だと思っていましたが,実際はピアノ曲が原曲なのだそうです。

 後,意外にと言うか,ううん,こんなに良い曲だったのかと思ったのが(6)です。この曲,ほとんど聴いたことが無いもので,ドボルザークの室内楽曲と言えば,弦楽四重奏曲第12番しか知らない私は,もっと,他の曲を聴いても良いのではと思いました。

 また,今回聴いた7曲の内,(3)と(6)以外の曲は編曲したものですが,やはり,編曲したものは無理があるなあと思いました(と言っても,編曲した方が良いもの,例えば,”ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」”はラヴェルの編曲の方が原曲のピアノ曲より素晴らしいと思いますが)。なお,(7)はアンコール曲です。

 なお,3人とも女性ですので,当然,ロングドレス姿でしたが,沢田氏のドレスが銀色の布に沢山のガラスが付いているもので,キラキラ光って非常に綺麗でした。

 それにしても,このホールの椅子,固すぎです。コンサート時間は休憩時間を入れて1時間半程度なのお尻が痛くなりました。

2011年10月21日(金) 秋季雅楽演奏会(皇居東御苑・楽部庁舎)

 2011.10.21(金),「皇居東御苑」内の「楽部庁舎」で行われた「秋季雅楽演奏会」を聴いてきました。これは,10/21(金),10/22(土)及び10/23(日)の午前・午後の計6回行われるもので,事前に往復葉書で申し込むものです。昨年も行きましたが,今年は別な曲だろうと言うことで行ったものです。金曜日は皇居東御苑は休園なので,いつもとは異なり,9:30に大手門が開いて,そこより入ります。私は9:40に大手門に着きましたが,50名位が待っている状態で,そこのテントの中で,当選した葉書と身分証明書を見せ,そして,荷物検査があり,ようやく中に入ります。そこより,延々と歩いて,本丸跡近くの建物「楽部庁舎」に。入口にて,当選葉書を係員に渡し,今度はプログラムをもらって中に入ると,既に,6割以上の小さな丸形の折りたたみ式椅子に聴衆が座っていました。私もまあまあの席に座りました。それにしても,2台の火炎太鼓?は立派です。10:20頃になり,白い服を着た2名が舞台に琴等を置きました。

 そして,10:30より11:00まで,「管弦」の3曲[黄鐘調音取(おうしきちょうのねとり),喜春楽(きしゅんらく),拾翠楽(じっすいらく)]が演奏され,10分間に休憩の後,今度は「舞楽」の2曲[裹頭楽(かとうらく),長保楽(ちょうぼうらく)]が各4名によって舞われました。あ,演奏も舞も「皇居内楽部」によるものです。

 さて,感想ですが,管弦の曲では最初の曲はあまりに短かすぎましたが,3曲目の「拾翠楽」は火焔太鼓も入り,力のこもった素晴らしいものでした。舞楽の方は,最初の曲は緋色の衣装と金色の帽子で,2曲目は緑色の衣装と平安時代の武士の鬘で踊られましたが,いずれも,火炎太鼓が何回もたたかれ,これも中々でした。踊りとしては,最初の方が良かったです。

 と言うことで,昨年に続いて,今年も雅楽を聴けて良かったです。

2011年10月16日(日) 文京白山フィルハーモニック 第24回定期演奏会(北とぴあ・さくらホール

 2011.10.16(日),王子駅近くの「北とぴあ・さくらホール」で開かれた「文京白山フィルハーモニック 第24回定期演奏会」を聴いてきました。東京の北の果てのホールでの開催のためか,聴衆の入りは1階席で座席の6割弱と寂しいものでした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)モーツアルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」序曲
 (2)ベートーベン:交響曲第2番
 (3)トボルザーク:交響曲第7番
 (4)フォーレ:パヴァーヌ
 川本統脩指揮文京白山フィルハーモニック

 さて,感想ですが,(1)はやはり,歌劇として観たいですね。また,曲自体,短すぎて,歌劇として観るのであればともかく,単純に管弦楽として聴くには不足していると思います。

 (2)はベートーベンらしさはありますが,まだまだと言う感じの曲ですが,演奏は活発な感じで良かったです。

 (3)を聴きながら思ったことは,この曲と次の第8番とではかなり落差があるなあと言うことで,第7番はその後の発展過程の途中にあると言うことでしょうか。ですから,ドイツ風のガッシリした感じと,ボヘミヤ風のロマン的な感じが混じっている曲のような気がします。本日は第3楽章の旋律の美しさ,第4楽章のウキウキした気分と壮大な感じが良かったです。

 (4)は勿論,アンコール曲で,弦のピッチカートの伴奏で独奏フルートが歌うのですが,本日,最高の演奏で,これ以上のものは滅多に聴けないのではと思うような名演でした。やはり,アマオケはアンコール曲が最も素晴らしいと言うのは本当だと思います。

 と言うことで,本日は(4)が聴けて大満足でした。

2011年 9月25日(日) 豊島区管弦楽団 第73回定期演奏会(帝京平成大学・沖永記念ホール)

 2011. 9.25(日),池袋駅近くの「帝京平成大学・沖永記念ホール」で行なわれた「豊島区管弦楽団 第73回定期演奏会」を聴いてきました。このホール,初めて入ったのですが,木をふんだんに使っており,中々,感じが良く,また,音も悪くはないと思います。その上,講義でも使えるように,特急列車内のようにテーブルが前に出せるようになっていますし。聴衆の入りは1階席で座席の9割程度と,いつものように盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)エルガー:序曲「南国にて」
 (2)リムスキー・コルサコフ:スペイン奇想曲
 (3)ビゼー:歌劇「カルメン」ハイライト(管弦楽版)
 佐々木新平指揮豊島区管弦楽団

 (1)は多分,初めて聴いた曲ですが,金管楽器が大活躍する中々,面白いものでした。ただ,結構,長いので,もう少し短くても良いのではと思いました。

 (2)は滅多に聴かない曲ですが,こちらも金管楽器が大活躍する上,バイオリンやチェロの独奏までるもので,華やかな感じで中々,良かったです。

 (3)はハイライトと書かれていたので,歌手が歌うのかと思っていたら,そうではなく,管弦楽編曲版で,いわば,「カルメン組曲」の拡大版と言ったところでしょうか。全部で15曲が演奏されましたが,「カルメン組曲」のようにオペラの内に管弦楽のみの演奏をメインとし,数曲をオーケストラで演奏するのならばともかく,アリア等まで管弦楽編曲とするのであれば(歌の部分はトランペットの金管楽器が演奏していました),やはり,歌手も加わった歌の形にして欲しかったです。なお,この曲では,舞台裏で演奏していたトランペットが不調でした。

 なお,本日はアンコール無しでしたが(一応,指揮者がカルメンが死んだのでアンコール無しと言っていました),この演奏では無くても仕方がないと思いました。それにしても,この手のコンサートではやはり,交響曲が演奏されないと,充実感が無いと思いました。

2011年 9月23日(金) 都民交響楽団 第112回定期演奏会(すみだトリフォルニーホール・大ホール)

 2011. 9.23(金),錦糸町駅近くの「すみだトリフォルニーホール・大ホール」で行なわれた「都民交響楽団 第112回定期演奏会」を聴いてきました。このホール,今週は9/19(月)に続いて何と2回目です。このオーケストラのコンサート,前回は3/11(金)の東日本大震災の影響で中止となってしまったので(「マーラー:交響曲第10番」だったので,聴きたかったのですが),このオケのコンサートを聴くのは9ヶ月ぶりだと思います。聴衆の入りは座席の95%程度といつもの通りに盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)ドボルザーク:序曲「謝肉祭」
 (2)ドボルザーク:交響曲第3番
 (3)ファリャ:舞踊音楽「三角帽子」より「イントロダクション・昼下がり・粉屋の女房の踊り・葡萄の房・隣人たちの踊り・粉屋の踊り・代官の踊り・終幕の踊り」
 (4)ヒメロス:サルスエラ「ルイス・アロアの結婚式」より「間奏曲」
 大井剛史指揮都民交響楽団,谷口睦美(MS)

 (1)は滅多に聴かない曲ですが,冒頭のメロディで以前に聴いたことがあるのを思い出しました。ちょっと,金管楽器の音が濁るのが気になりました。

 (2)は多分,初めて聴く曲で,金管楽器が大活躍する,どことなくシューマン風の曲でした。滅多に演奏されない曲ですが,結構,壮大な感じで,もっと,聴かれてはいいのではと思いました。

 (3)も滅多に聴かない曲ですが,冒頭から,2つのカスタネット,そして,オーケストラ員達の手拍子も加わった楽しい演奏でした。金管楽器も大活躍で,楽しめました。ただそ,女声歌手は舞台裏で歌った上,歌う場面が非常に少ないのは残念でした。

 (4)は勿論,アンコール曲で,初めて聴く曲です。カスタネットも大活躍する,活発で楽しい曲で,本日のコンサートで最も良かったです。ただし,ここでも冒頭部分の金管楽器に音の濁りがみられました。

 と言うことで,本日は(4)が聴けて良かったですが,金管楽器の技術が悪くなってきたのが気にかかります。以前は東京文化会館の練習室を無料で使えたこともあって,技術的に優秀だったのですが,都財政の悪化によりその優遇措置も無くなったことがそろそろ,技術面で影響を表してきたような気がします。

2011年 9月19日(月) 水星交響楽団 第45回定期演奏会(すみだトリフォニーホール・大ホール)

 2011. 9.19(月),錦糸町駅近くの「すみだトリフォニーホール・大ホール」で行なわれた「水星交響楽団 第45回定期演奏会」を聴いてきました。聴衆の入りは1・2・3階席共,ほぼ満席と大盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)ガーシュイン:ミュージカル「オー・ケイ!」序曲
 (2)J.ウィリアムズ:「ハリー・ポッターと賢者の石」組曲
 (3)ホルスト:大管弦楽のための組曲「惑星」
 (4)J.ウィリアムズ:「スターウォーズ」より
 斎藤栄一指揮水星交響楽団,オルフ祝祭合唱団

 (1)は初めて聴いた曲ですが,ミュージカルの序曲と言う観点からはやや長いのではと言う感じです。ただし,それでも,中々,聴かせてくれました。(2)も初めて聴いた曲,勿論,映画の方はビデオで観たことがあるので,メロディ等は聴いたことがありますが,全体的には映画よりも生々しい感じがしました。ただし,全体から言えば,やはり,映画音楽の曲と言う感じがします。

 (3)のオーケストラの編成,ティンパニイ2台,ハープ2台,チェレスタ,パイプオルガン等を加えた大編成で,楽器の音色の生々しさは圧倒的でした。全7曲の内,4番目の「木星」の迫力,最後の7番目の曲が,舞台裏の女声合唱団によって静かに終わった時は1分間位,シーンとしていました。また,チェレスタの音色も神秘的でした。

 (4)はアンコール曲でしたが,どこかで聞いた曲だと思ったら,映画の曲でした。

 と言うことで,本日は(3)が聴けて良かったです。

2011年 9月17日(月) ボーマン・ベアンテ チェロコンサート(滝野川会館・小ホール

 2011. 9.17(土),上中里駅近くの「滝野川会館・小ホール」で行なわれた「ボーマン・ベアンテ チェロコンサート」を聴いてきました。聴衆の入りは120名程度とほぼ満席でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)スタッセン:主を賛美しよう
 (2)J.S.バッハ:アリア
 (3)J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番
 (4)シェベリー:調和
 (5)マイナルディ編:さくら・子守唄・馬子唄
 (6)エルガー:朝の挨拶
 (7)フォーレ:夢の後
 (8)サンサーンス:白鳥
 (9)ニュートン:アメージング・グレイス
 ベアンテ・ボーマン(vc),ボーマン・ルリ子(pf)

 (1)は初めて聴いた曲ですが,哀愁の籠った叙情的な感じの素晴らしい曲でした。

 (2)はまあまあでした。バッハの無伴奏の曲と言えば,バイオリンやフルートのものは大好きですが,チェロのものは,舞曲のせいか,あまり好きではありません。(3)も一部は中々良いと思ったのですが,残念ながら,全体的には今迄と同様でした。

 (4)も初めて聴いたものでしたが,これも哀愁が籠ったものでしたが,(1)の方が良かったです。

 (5)は編曲が現代的過ぎて,私の趣味ではありませんでした。

( 6)は本日,聴いた内で最も良かったです。(7)は(6)程では無かったのですが,それでも素晴らしかったです。(8)はやはり名曲ですね。

 (9)はアンコール曲で,これはやはり,綺麗な声のソプラノで歌った方がいいですね。

 私はベアンテ・ボーマンと言うチェロ奏者の演奏は初めて聴きましたが,氏は東京交響楽団にて主席チェリストを30年間やっていた人だそうで,現在は,室内楽等を行っているそうです。また,2枚のCDのほか,氏が撮った山岳写真も会場内で販売されていましたが,山岳写真も中々のものでした。

2011年 7月21日(金) 東京都交響楽団 Music Weeks in TOKYO 2011 プレミアムコンサート(サンパール荒川)

 2011. 7.21(木),都電「荒川区役所前停留所」近くの「サンパール荒川」にて行われた「東京都交響楽団 Music Weeks in TOKYO 2011 プレミアムコンサート」を聴いてきました。このホール,行くのに不自由な場所にある上,コンサートの開演が19:30と非常に遅いのには参りました。しかしながら,それでも,聴衆の入りはほぼ満席と盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)J.シュトラウス1:ラデツキー行進曲
 (2)「ベートーベン:交響曲第5番」より「第1楽章」
 (3)すぎやまこういち:都響・オーケストラクエスト
 (4)成田為三:浜辺の歌
 (5)村井邦彦:翼をください
 (6)ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
 (7)ベルディ:歌劇「アイーダ」より「凱旋行進曲」
 (8)高野辰之:故郷
 藤岡幸夫指揮東京都交響楽団,スーパー・コーラス・トーキョー

 (1)は最初に小太鼓が演奏された,そして,管楽器を先頭にホールの客席にあらわれ,聴衆の手拍子と共に,弦楽器等も舞台に出てきて,そして,演奏もして,最後には全員が舞台に上がると言う演出で,楽しい気分で始まりました。そして,チューニングが行われ,指揮者が出てきて,(2)が演奏されましたが,1楽章のみとは言え,迫力あるものでした。(3)も中々,面白かったです。

 (4)(5),そして,アンコール曲の(8)は,合唱団が良かったです。また,(6)も良かったです。

 (7)は舞台の袖の左右にトランペットが2台づつ並んで演奏しましたが,折角だったら,客席で演奏したら,もっと,ステレオ効果が上がったと思います。これも,合唱が良かったです。

 今回のコンサートは学芸会ではないかと思うような雑多なプログラムの上,コンサート自体も1時間10分程度と短いものでしたが,それでも,結構,楽しめたのが良かったです。

2011年 7月17日(日) 新宿フィルハーモニー管弦楽団 第65回定期演奏会(東京文化会館・大ホール)

 2011. 7.17(日),上野駅近くの「東京文化会館・大ホール」にて「新宿フィルハーモニー管弦楽団 第65回定期演奏会」を聴いてきました。
 このオーケストラのコンサートは「新宿文化センター・大ホール」で行われることが多いのですが,同ホールは東日本大震災の余震等で破損し,現在は修理中のために,この東京文化会館でのコンサートになったようです。ここのホールは新宿文化センターと比較して,かなり大きいのですが,聴衆の入りは1,2階席は座席の8割程度と,この酷暑の日と言うのに盛況でした。さて,演奏された曲は以下と,なぜか,ドボルザークのみのものでした。

 (1)ドボルザーク:三部作「自然と人生と愛」(序曲「自然の王国で」・序曲「謝肉祭」・序曲「オセロ」)
 (2)ドボルザーク:交響曲第9番
 (3)ドボルザーク:スラブ舞曲72-2
 遠藤政孝指揮新宿フィルハーモニー管弦楽団

 (1)の「自然の王国で」と「オセロ」は初めて聴いた曲でしたが,いずれも「佳曲」と言った感じでした。一方,「謝肉祭」はやはり名曲で,この3曲の中では唯一,時々,演奏される曲である理由がよくわかりました。

 (2)では第3楽章まではオーケストラの調子が悪くて,あまり聴ける状態ではなかったのですが,第4楽章後半になり,ようやく,まともな状態になりました。

 (3)は勿論,アンコール曲で,多分,この曲がアンコールで演奏されるのではと思ったのが,当たりました。これも,もう少し,頑張って欲しかったです。

 なお,指揮者の遠藤氏は高齢の上,この酷暑のせいか,体調があまりよく無かったようで,指揮台の上に椅子が用意されていましたが,それをどかしての,いつもと同じ立っての指揮でした。しかしながら,全体としては,指揮者の意向があまり出ていないような気がしました。

2011年 7月10日(日) 川口市民オーケストラ 第20回 サマーコンサート(川口リリア・メインホール)

 2011. 7.10(日),川口駅前の「川口リリア・メインホール」にて,「川口市民オーケストラ 第20回 サマーコンサート」を聴いて来ました。本日は,梅雨明け直後の絵に書いたような晴天の激暑の日で,汗,ビッショリの状態で,ホールに着きました。聴衆の入りは1階席でほぼ満席と,この暑い日なのに大盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)シューマン:劇音楽「マンフレッド」序曲
 (2)シューベルト:交響曲第8番
 (3)シューマン:交響曲第3番
 (4)バッハ:「管弦楽組曲第3番」より「エア」
 久住純信指揮川口市民オーケストラ

 (1)は金管楽器の吹き損ない等もあったせいで,全体的に冴えない感じでした。(2)はまあまあの感じでしたが,やはり,この曲は名曲だと思いました。

 (3)は先日のコンサートでも聴きましたが,やはり,シューマンのオーケストレーションと言うのは響かないですね。マーラー等がオーケストレーションを修正した理由はよくわかります。しかしながら,それでも第4楽章は中々でした。

 (4)はアンコール曲で,弦楽合奏のみでの演奏です。最初の方はバイオリンの音が不安定でしたが,中盤以降は持ち直し,全体的には中々良い演奏になりました。

 と言う事で,本日は全体的にはやや不満なコンサートでした

2011年 7月 7日(木) 東京文化会館 モーニング・コンサート Vol.50(東京文化会館・小ホール)

 2011. 7. 7(木),上野駅近くの「東京文化会館・小ホール」にて,「東京文化会館 モーニング・コンサート Vol.50」を聴いてきました。私は開場直後の10:35頃に東京文化会館に入ったのですが,ロビーには,小ホールの入口から長蛇の列になっていたのには驚きました。聴衆の入りは満席と大盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)成田為三:浜辺の歌
 (2)越谷達之助:初恋
 (3)團伊玖磨:紫陽花
 (4)武満徹:小さな空
 (5)マスカーニ:アヴェ・マリア
 (6)マスカーニ:月
 (7)レスピーギ:最後の陶酔
 (8)プッチーニ:太陽と愛
 (9)プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」より「私の名はミミ」
 (a)トボルザーク:歌劇「ルサルカ」より「月に寄せる歌」
 (b)マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より「ママも知るとおり」
 上田純子(S),谷池重袖子(pf)

 上田さんは,両肩を出した銀色のロングドレス姿で歌いました。(1)〜(4)の日本の歌曲の中では(2)の抒情が素晴らしかったです。後,(1)の良かったです。ただ,クラシック音楽の歌手が日本歌曲を歌うと,発音が変なことが多いのですが,上田さんも同様でした。

 (5)〜(8)の西洋歌曲では,歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲の旋律を使った(5)が良かったです。

 (9)〜(b),と言っても,(b)はアンコール曲ですが,これらはいずれも素晴らしく,特に(a)は名演でした。こちらも抒情性が良かったです。上田さんは,歌曲より歌劇の方が合っている感じがしました。

 アンコールの後,何と,「下総皖一:七夕さま」と「岡野貞一:ふるさと」の2曲を上田さんと聴衆が合唱すると言う,まるで,歌声喫茶みたいな感じとなって終了しました。

2011年 7月 3日(日) 第13回 北区民オーケストラによる 室内楽コンサート(北とぴあ・つつじホール)

 2011. 7. 3(日),王子駅近くの「北とぴあ・つつじホール」で行われた「第13回 北区民オーケストラによる 室内楽コンサート」を聴いてきました。聴衆の入りは座席の8割程度と,思ったより入りました。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)K.シュティグラー:「聖フーベルト・ミサ」より「キリエ,グロリア,クレド,サンクトゥス,アニュス・ディ,フーベルト・ファンファーレ」
 大熊美結紀・小島恵美・関川一紀・鈴木貴子・橋本忠司(Hr)

 (2)F.ダンツィ:「ファゴットと弦楽のための四重奏曲op.40-2」より「ソナタ形式,変奏曲,ロンド」
 中野正弘(fg),飯田美穂子(vn),杉原泰三(va),竹田敏博(vc)

 (3)F.ダンツィ:木管五重奏曲ト短調op.56-2」より「アレグレット,アンダンテ,アレグロ」
 福原幸子(fl),小宮祐一(ob),若宮あや(cl),遠藤信一郎(fg),大熊美結紀(Hr)

 (4)J.ブーフィル:「クラリネット三重奏曲第4番op.8-1」より「アレグロ,アレグレット,アレグロ」
 五十嵐正美・田代安正・若宮あや(cl)

 (5)M.ベルトミュー:4本のフルートのための描写的小品「猫」(ペルシャン・ブルー,ピューマ,シャム,山猫,ペルシャ猫)
 中村治子・福原幸子・藤村尋子・和田里絵(fl)

 (6)A.ドボルザーク:管楽セレナード ニ短調op-44
 大塚綾子・神杉久美子(ob),五十嵐正美・田代安正(cl)・遠藤信一郎・遠藤和歌子(fg),中野正弘(コントラfg),小島恵美・関川一紀・橋本忠司(Hr),実村伸(vc),足利直子(コントラバス)

 さて,感想ですが,(1)は曲自体は中々と思ったのですが,吹き損ないが多すぎて,気分を損ないました。(2)はまあまあ,(3)は明るい曲で,アンコールとして,「サッカ・スリー」と言う曲が演奏され,聴衆が手拍子で応じて,楽しかったです。(4)も中々,良い曲でしたが,(5)は私の趣味ではありませんでした。

 そして,(6)となりましたが,こちらは,演奏者が多いせいもあり,急に音が分厚くなって,聴き応えがありました。特に,第1楽章の雄魂な旋律がいいですね。本日のコンサートで,最も素晴らしかったと思います。

 本日は,(6)を含めて,多分,初めて聴く曲で,私が名前を聴いたことがある作曲家は(6)のドボルザークのみでしたが,やはり,有名な作曲家はあまり演奏されていない曲でも大したものだと思いました。

 と言うことで,本日は(6)を聴けて,大満足です。

2011年 6月26日(日) ル スコアール管弦楽団 第30回定期演奏会(すみだトリフォニーホール・大ホール)


 2011. 6.26(日),錦糸町駅近くの「すみだトリフォニーホール・大ホール」で行われた「ル スコアール管弦楽団 第30回定期演奏会」を聴いてきました。

 このオーケストラの名前は初めて知りましたが,インターネットを観ていたら,このオーケストラが「マーラー:交響曲第10番」を,演奏することがわかったからです。この曲は,本当は,今年の3月に,都民交響楽団によって聴ける筈だったのですが,東日本大震災のために中止となってしまい,残念に思っていたところ,本日,ようやく,聴くことができるようになりました。このオーケストラ,どの程度の実力があるのかわかりませんが,この曲をやろうとするからには,かなりの力があるのではと思います。ここのところ,ずうっと,マーラー・ブームが続いているためか,あるいは,交響曲第10番と,滅多に演奏されない曲が演奏されるためか,聴衆の入りはほぼ満席と,大盛況です。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)ワーグナー:舞台神聖祝典劇「パルジファル」より「第1幕前奏曲」
 (2)バルトーク:ヴィオラ協奏曲
 (3)マーラー:交響曲第10番(クック版第3稿)
 高橋勇太指揮ル スコアール管弦楽団,川崎和憲(va)

 (1)は前半はまだ,硬い感じでしたが,後半になり,かなりよくなりました。ただし,もう少し,神秘的な感じがあってもよかったと思います。なお,金管楽器,技術的にやや問題ありましたが,我慢できる範囲内でした。

 バルトークの曲って,ほとんど,期待して聴いたことがありませんが,(2)もその通りで,この曲は,私に言わせれば,ヴィオラ奏者の技術を聴くようなもので,音楽自体は,旋律は綺麗ではなく,聴いていても楽しくもないものでした。私にとっては,無くても何ともない曲の1つですね。

 (3)は期待していた曲で,全体から言えば,かなり良い演奏でした。勿論,もっと,緊張感があれば,名演になったと思いますが,それでも,色彩とダイナミックレンジは鮮烈で,この手のものはやはり,実演でないとと思いました。ともかく,私を含めて,音が鳴っている間は緊張の連続で,楽章が終わって,指揮者が力をゆるめると,聴衆も息をつめていたのをようやく抜くと言う感じでした。第5楽章が終わってからも(フルートがたどたどしいのは残念でした),聴衆は,ずっとそのままで,1分位たってから,ようやく,爆発的な拍手が置きました。

 本日は,勿論,アンコール無しです。本日は,このコンサートに行って正解でした。これで,マーラーの交響曲全11曲の内,第8番以外は全部,コンサートで聴いたことになりますが,ぜひ,第8番も聴きたいものです。

2011年 6月19日(日) まちかどコンサート 166 中国琵琶コンサート(北区飛鳥山博物館・講堂)


 2011. 6.19(日),王子駅近くの「北区飛鳥山博物館・講堂」で行われた「まちかどコンサート 166 中国琵琶コンサート」を聴いてきました。ここ,入ったのは初めてですが,展示室にも使えるように床が平らで,そこにパイプ椅子を並べたものとは言え,窓ガラスにも工夫があって,中々,よく出来ています。聴衆の入りは120人程度で,演奏された曲は以下です。

 (1)劉天華:虚らい(竹+頼)
 (2)王恵然:イ族舞曲
 (3)オスマンジャン:天山の春
 (4)山田耕作:赤とんぼ
 (5)(楊亭果伝譜):プアンのマンドラ
 (6)(劉徳海新編):陳隋
 (7)朱毅文博:春雨
 (8)呉厚元:訴
 (9)?:?
 唐華(中国琵琶)

 中国琵琶の演奏って,初めて見ましたが,奏者は座って,楽器を立てて膝に乗せて,演奏していました。日本の琵琶は,楽器を斜めに持って,バチで演奏していますが,こちらは,プラスティック製の付け爪を付けて,演奏していました。なお,楽器は表が桐,裏がマホガニーで,弦はスティールだそうです。音は,浪花節で使う三味線に似た感じですが,トレモロの場合はギターの音に似た感じです。奏者は女性で,両スリットの入った黒のロングドレスで,座っていると足が見えると言う効果を狙っていました。

 前半の5曲では(2)が良かったです。休憩後の後半では(8)が良かったです。また,(9)はアンコール曲でしたが,ダイナミックでかつリズミカルな曲で,この曲が本日,聞いた曲の中では最も良かったのですが,残念ながら,(9)の哀愁と叙情を消してしまいました。この(9)を前半で演奏し,他の叙情的な曲をアンコール曲に選んだ方が良かったと思います。

2011年 6月12日(日) 新宿交響楽団 第41回定期演奏会(サンパール荒川・大ホール)

 2011. 6.12(日),都電「荒川区役所前停留所」近くの「サンパール荒川・大ホール」で行われた「新宿交響楽団 第41回定期演奏会」を聴いてきました。このホール,初めて行きましたが,近くの駅は都電の停留所しかないと言う,極めて交通の便の悪い所ですね。そもそも,「新宿」と名乗っている交響楽団のコンサートを,わざわざ,荒川区まで行って聴かねばならないのかと思ってしまいます。なお,このホール,結構,大きいのですが,2階席は無く,全て,1階席になっている上,前後の席の高さの差が結構あるので,舞台は非常に観易いです。ですから,ホールとしては結構,良いと思います。これで,交通がもっと良ければ,良かったのにと思います。しかしながら,聴衆の入りは座席の8割強と思ったより多かったです。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)ローベルト・シューマン:交響曲第3番
 (2)アレハンドロ・サンチェス・ナバーロ:運命のハリケーン
 (3)芥川也寸志:弦楽のための三楽章
 (4)ホセ・パブロ・モンカーヨ:ウァパンゴ
 (5) ? :さくら
 高畠浩指揮新宿交響楽団

 (1)は金管の技術的問題が肝心な箇所に出て来たのが残念でした。また,曲の解釈ですが,シューマンの曲ですので,もう少し,低音を出して,雄大に演奏して欲しかったです。

 (2)のナバーロはメキシコの作曲家で,何と,この曲は世界初演だそうです! 曲自体は,映画音楽風の聴き易い感じで,中々,面白かったです。

 (3)は以前,作曲者自身の指揮で聴いたことがあったと思いますが,第1楽章のバイオリン独奏が中々,良かったです。

 (4)もメキシコの作曲家の曲で,こちらも,中々,面白かったです。

 (5)はアンコール曲で,オーケストラの奏者が日本の曲「さくら」を編曲したもので,中南米音楽のリズムとジャズを合せたようなところに,「さくら,さくら」が鳴るもので,これが本日のコンサートで,最も,乗った感じの演奏でした。聴衆には,メキシコ大使館関係の招待客が結構おり,これが終わると,ものすごい歓声でした。

 と言うことで,本日は(2)と(5)が聴けて,大満足でした。

2011年 5月22日(日) 豊島区管弦楽団 第72回定期演奏会(なかのZERO・大ホール)

 2011. 5.22(日),中野駅近くの「なかのZERO・大ホール」で行われた「豊島区管弦楽団 第72回 定期演奏会」を聴いてきました。このホールに来たのは数年ぶりで,ここ,私の家から遠いので,このオケでなければ来たくはない場所です。東京芸術劇場は大修理中で使えないためにここにしたのだと思いますが,豊島区のオーケストラですので,せめて新宿文化センター辺りにして欲しいものです。このためか,聴衆の入りは座席の7割程度といつもより少ない感じでした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)サンサーンス:交響詩「ファエトン」
 (2)ラヴェル:ラ・ヴァルス
 (3)ブラームス:セレナード第1番
 佐々木新平指揮豊島区管弦楽団

 (1)は初めて聴く曲で,全体から言えば,今日では演奏されない曲の1つであることがよくわかりましたが,それでも,終わりの方のドラ,大太鼓,小太鼓,ティンパニイ等の打楽器群とシンバルの強奏には驚きました。なお,金管楽器,以前より技術が下がった感じがしました。

 (2)は今まで良いと思ったことが無い曲ですが,上記の打楽器群の峻烈さ,そして,全体的な鮮烈さは素晴らしく,この曲ってこんなに良い曲だったのかと見直しました。

 (3)も滅多に聴かない曲ですが,6楽章もあるので,やや冗長に感じましたが,内2つの楽章を削除すれば,十分に交響曲として通用するのではと思いました。逆に言えば,セレナードらしくない部分が多い曲ですね。

 アンコールとして,(2)の一部でしょうか,短い曲が2曲,演奏されました。

 と言うことで,本日は(2)が聴くことができて,大満足でした。

2011年 5月20日(金) 東京文化会館 モーニング・コンサート Vol.48(東京文化会館・小ホール)

 2011. 5.20(金),上野駅近くの「東京文化会館・小ホール」で行われた「東京文化会館 モーニング・コンサート Vol.48」を聴いてきました。聴衆の入りは座席の95%程度と盛況でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)クライスラー:おもちゃの兵隊の行進曲
 (2)ドボルザーク:バイオリンとピアノのためのソナチネ ト長調
 (3)ブラームス:バイオリンソナタ第2番
 (4)ロッシーニ(カステルヌオーヴァ・テデスコ編):歌劇「セビリアの理髪師」より「フィガロ」
 (5)ブラームス:スケルツオ
 武田章寛(vn),藤本史子(pf)

 (1)は初めて聴いた曲ですが,中々,面白い感じの曲でした。

 (2)も初めて聴く曲で,旋律は綺麗で,中々,良い曲なのですが,やや冗長な感じがしました。

 (3)は第3楽章が良かったです。

 (4)も初めて聴く曲で,ピアノを含めてえらく技巧的な感じの曲でしたが,最後は盛り上がりました。

 (5)はアンコール曲で,これも初めて聴く曲でしたが,感興が乗って,音楽が爆発しました! ううん,ブラームスでもこう言う曲を書けるのですね。

 と言うことで,本日は(4)の後半と(5)が聴けて,大満足でした。それにしても,(5)のアンコールは,まるでアマチュアみたく燃えた演奏でした。

2011年 5月 6日(金) 第1回リリア・アフタヌーンコンサート(川口リリア・音楽ホール)

 2011. 5. 6(金),川口駅近くの「川口総合文化センター・リリア・音楽ホール」で行われた「第1回 リリア・アフタヌーンコンサート」を聴いてきました。全席指定だったのですが,聴衆の入りは座席の2/3程で,何と,後7列は全席が空いていると言う奇妙なものでした。さて,演奏された曲は以下です。

 (01)サティ:ジュ・トゥ・ヴー
 (02)ビゼー:てんとう虫
 (03)リスト編:糸を紡ぐグレートヒェン(シューベルト)
 (04)リスト編:献呈〜君に捧ぐ(シューマン)
 (05)山田耕作:この道
 (06)団伊玖磨:紫陽花
 (07)アイルランド民謡:ダニー・ボーイ
 (08)プロコヒエフ:シンデレラと王子のワルツ
 (09)ラフマニノフ:鐘
 (10)プッチーニ:歌劇「ジャンニ・ステッキ」より「私のいとしいお父さん」
 (11)喜歌劇「メリー・ウィドウ」より「ヴィリアの歌」
 (12)ガーシュイン:パリのアメリカ人
 (13)ガーシュイン:歌劇「ポーギーとベス」より「サマータイム」・「アイ・ラブズ・ユー・ポーギー」
 (14)ドボルザーク:我が母の教え給いし歌
 足立さつき(S),三舩優子(pf)

 このコンサート,ジョイント・コンサートの一種で,ピアノ伴奏による歌のほか,ピアノ独奏もあると言うものでした。

 ソプラノの足立さんは,歌よりしゃべりの方が面白く,コンサートとしてはちょっと奇妙な感じでした。強いて言えば,さだまさしに似ているのかもしれません。彼女の歌では,(13)の「サマータイム」が良かったです。

 一方,ピアノの三舩さんの独奏は,ダイナミックな感じで,(4)も良かったですが,特に(5)は盛り上がって素晴らしかったです。また,(9)も重々しい感じが良かったですし,(12)も良かったです。

 なお,2人の服装ですが,足立さんは前半は白いロングドレス,後半は橙色のロングドレスで,後半の方が華やかな感じで良かったです。一方,三舩さんは,前半は青いロングドレス,後半はスカート部が黒いロングドレスでした。

 本日のコンサートは,ホール側の座席の指定の仕方に大いに問題がありますが,私はサッサと後ろの空いている席に移動したので,ゆったりとした気分で聴くことができました。やはり,ゆったりした気分で聴きたいです。一方,演奏の方は,足立さんの語りと,三舩さんの演奏で楽しむことができました。

2011年 5月 4日(水) 第81回新人演奏会(東京文化会館・大ホール)

 2011. 5. 4(水),上野駅近くの「東京文化会館・大ホール」にて を聴いてきました。これ,音楽大学の今年の卒業生100名程を選んで,5/3(火)11:00・ 19:00,5/4(水)11:00の3回に渡って,コンサートを行うと言うものです。内,私が聴いたのは5/4(水)の11:00開演のもので,演奏者は何と29名! と言うものです。10:30頃にホール前に着いたのですが,ものすごい数の人が並んでいました。こりゃあ,満員になるのかと思いましたが,それほどでもなく,1・2階席で座席の9割と言ったところでした。さて,演奏された曲は以下です。

 (01)アラン・マレ:「ヴィオール曲集 第4巻」より「ソナタ イ短調」
 原澄子(ヴィオール),山県万里(ヴィオール),鬼澤悠歌(cemb)
 楽器の限界で音が小さかったのは仕方がないですが,古雅な感じが良かったです。それにしても,ヴィオール奏者2名ともロングドレスの女性で,ビィオールですから,チェロとは異なり足が無いので,動態を両足の間で挟んで演奏するのですが,それが色っぽかったです。

 (02)ケルビーニ:フルンと弦楽のための練習曲(ソナタ)第2番
 氏家亮(Hr),宮堀諒美(pf)
 明るい感じの技巧的な曲でした。

 (03)リスト:スペイン狂詩曲(一部省略)
 隅本早悠里(pf)
 急に音が大きく,きらびやかな感じになりました。

 (04)ドニゼッティ:歌劇「連隊の娘」より「さようなら」
 畑中紫甫(S),鈴木巴奈子(pf)
 前半は硬くなったのでしょうか,半音が多いこともありますが,聴いていて,何か,奇妙に感じました。

 (05)クレストン:「コンツェルト」op.26より第1楽章
 平良史子(サクソフォーン),曽根恭子(pf)
 技巧的な曲でした。

 (06)プロコヒエフ:ピアノソナタ第3番
 新谷友梨絵(pf)
 ピアノは響くのですが,えらく技巧的な曲でした。

 (07)シェーンベルク:「4つの歌曲集」より「期待」
  コルンゴルト:歌劇「死の都」より「私の憧れ,私の迷い」
 深瀬廉(Br),井上貴世子(pf)
 ジェーンベルクの曲は半音だらけで気持ち悪かったのですが,コルンゴルトはまあまあでした。

 (08)シューベルト:「ピアノソナタ第19番」より第1楽章
 光永有香(pf)
 明るく華やかな感じで良かったです。

 (09)ビッチュ:コンチェルティーノ
 鈴木多恵子(fg),平良徳子(pf)
 技巧的ですが,中々,面白い曲でした。

 (10)ドニゼッティ:歌劇「アンナ・ボレーナ」より「あの方は泣いているの? 〜 私を生まれ故郷のお城に連れて行って」
 中村芽吹(S),照嘉名良(pf)
 良かったです。

 (11)ウィニヤフスキー:「ファウスト」の主題による華麗なる幻想曲(一部省略)
 厳築朋美(vn),山崎早登美(pf)
 初めの方は半音や弦2本の重奏で気持ちが悪かったのですが,その後は華やかになりました。

 (12)グラナドス:組曲「ゴイエスカス」より「愛の言葉」
 関根翔子(pf)
 これも華やかな感じの曲でした。

 (13)グノー:歌劇「ファウスト」より「宝石の歌」
 代宮司美生(S),後藤秀樹(pf)
 やっと,聴いたことがある曲に出会えてホッとしました。

 (14)パスクッリ:ドニゼッティの歌劇「ラ・ファボリータ」の主題による協奏曲
 高橋舞(ob),浅川真己子(pf)
 第2・3楽章が良かったです。

 (15)ショパン:「ピアノソナタ第3番」より「第3楽章」
 原久美子(pf)
 これも,知っている曲ですが良かったです。

 これで,これまでの奏者が全員,舞台に並んで,挨拶しました。それにしても,ロングドレスを着た女性がほとんどで,男は僅かです。今や,音楽を学ぶものの大部分は女性なのですね。

 これで,前半が終わりなのですが,これまで,2時間20分程もかかりました。この後,更に14名ですから,また,2時間以上,かかります。ううん,このコンサート,何と5時間弱,かかるものなのですね。

 以前は,よく,東京文化会館主催の音楽コンクール入賞者のコンサートをよく聴きましたが,この手のコンサートで演奏される曲って,技巧的な曲ばかりで,心に染み入るものは少ない感じがします。まあ,新人ですから,そこら辺を要求すること自体が無理なのかもしれませんが。

 と言うことで,これ以上,座っていると,お尻が痛くなってしまって音楽を楽しめないので,前半のみで,終了としました。それにしても,5時間弱のコンサートって,いくら何でも長すぎると思います。せめて,3回ではなく,5回以上に分けて行うべきだと思います。

2011年 4月20日(木) 東京文化会館 モーニング・コンサート Vol.47(東京文化会館・小ホール)

 2011. 4.20(木),上野駅近くの「東京文化会館・小ホール」で行われた「東京文化会館 モーニング・コンサート Vol.47」を聴いてきました。11 時開演のこのコンサート,初めて行ったのですが,ガラガラかと思っていたのに,チケットは売り切れで,満席になったのには驚きました。やはり,約1時間のコンサートとは言え,プロのピアニストの演奏を 500円で聴けるのですから,コストパーフォーマンスは高いのでしょうね。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)シューマン:子供の情景
 (2)ドビュッシー:映像第1集
 (3)リスト:コンソレーション第3番
 (4)ショパン:スケルツオ第4番
 (5)ショパン:華麗なる円舞曲
 安倍まりあ(pf)

 (1)は当初は緊張していたのか,音楽が流れませんでしたが,中盤の「トロイメライ」以降,急にシューマンらしくなり,それ以降はそれが続きました。

 (2)は私の趣味の曲ではありませんが,それでも,鮮烈な色彩感が良かったです。

 (3)はどこかで聴いたことがあるメロディの曲でしたが,中々,良い曲でした。

 (4)は後半が良かったです。

 (5)はアンコールで,これも中々,良かったです。

 さて,先日のコンサートでは,伴奏とは言え,縦型ピアノでしたが,本日は勿論,グランドピアノで,両方を聴くと,やはり,グランドピアノの音は素晴らしいと思いました。

2011年 4月17日(日) まちかどコンサート164 小さな魔笛(昭和町ふれあい館 第1ホール)

 2011. 4.17(日),尾久駅近くの「昭和町ふれあい館 第1ホール」で行われた「まちかどコンサート164 いろいろな笛とピアノのコンサート 小さな魔笛」を聴いて来ました。聴衆の入りは座席の80名程度と,やや寂しい感じでした。さて,演奏された曲は以下です。

 (01)ゴセック:タンブーラン
 (02)ビゼー:「アルルの女」より「メヌエット」
 (03)作者不祥:グラウンドによるグリーンスリーブス
 (04)テレマン:ソナタ ハ長調
 (05)リスト:愛の夢
 (06)久石譲:崖の上のポニョ
 (07)ハッセ:タンブーラン
 (08)ショパン:幻想即興曲
 (09)栗原正己:ピタゴラスイッチ
 (10)大野雄二:ルパン三世のテーマ
 (11)ボルン:カルメン幻想曲
 (12)ビゼー:「アルルの女」より「田園曲」
 一村誠也(フルート,リコーダー,オカリナ),一村誠子(pf)

 前半では,フルートで演奏された(2),ソプラノ・リコーダーで演奏された(3),アルト・リコーダーで演奏された(4)が良かったです。また,オカリナで演奏された(6)も良かったですが,(5)は縦型ピアノで演奏されたせいか,楽器の限界みたいなものを感じました。

 後半では縦型ピアノで演奏された(8)が最も良かったです。この曲でも多少は楽器の限界を感じましたが,それでも(5)より遥かに良いできでした。それにしても,コンサートではグランドピアノでしか聴いたことが無かったので,縦型ピアノがグランドピアノとこれだけ音が異なる,特に,低音と言うか,音の雄大さが違うとは思ってもみませんでした。フルートで演奏された(11)はビゼーの歌劇の旋律を使ったもので,非常に技巧的なものでしたが,逆に,フルートって,あまり,精神的な感じの音は出せないのだなあと思いました。(12)はアンコール曲でしたが,さすがにビゼーと言う感じがしました。

 と言うことで,全体的には楽しい演奏会でしたが,フルートやリコーダーの曲の限界を感じたコンサートでした。

2011年 3月 9日(水) クァルテット・エクセルシオ「弦楽四重奏の夕べ」(東京文化会館・小ホール)

  2011. 3. 9(水),上野駅近くの「東京文化会館・小ホール」で行われた”2011都民芸術フェスティバル参加公演 室内楽・シリーズNo.10 クァルテット・エクセルシオ「弦楽四重奏の夕べ」”を聴いてきました。ここの大ホールは年に何回か行くのですが,小ホールは久しぶりです。この小ホール,音が良いので好きで(ただし,椅子が狭いのが困りものですが),以前はよく行っていたのですが,なぜか,ここのところ,ずっと御無沙汰となっていました。さて,聴衆の入りはほぼ満席で,演奏された曲は以下です。

 (1)モーツアルト:弦楽四重奏曲第17番
 (2)ボロディン :弦楽四重奏曲第2番
 (3)シューベルト:弦楽四重奏曲第14番
 (4)ハイドン:弦楽四重奏曲第77番・第3楽章
 クァルテット・エクセルシオ

 この弦楽四重奏団の演奏,初めて聴いたのですが,女性3人とチェロの男性で構成されており,女性は両肩丸出しの赤紫色の地味なドレス姿で,男は黒のタキシード姿でした。

 (1)は時々,バイオリンが魅惑的な旋律を奏でましたが,あまり,モーツアルトの曲の魅力は感じられない演奏でした。また,チェロの音が妙に大きく感じました。と言うことで,全体から言えば,まあまあと言ったところでしょうか。

 (2) は私が滅多に聴かない曲で,第1楽章はまあまあだったのですが,第2楽章はそれほどでもない感じで,第3楽章はもっとロマンティックな感じの方がと思いましたが,それでも,後半はなかなか良かったです。しかしながら,第4楽章はかなり落ちました。この曲は,もっと,ポルタメントを聴かせた演奏の方が似合っていると思います。これを聴いていて思ったことは,ベートーベンの弦楽四重奏曲とは全く違うなあと言うことです。

 (3)は,今までの演奏ではダメということか,急に熱演となりました。特に良かったのが第1楽章と第2楽章で,いずれも素晴らしかったです。第3楽章はテンションがかなり落ちましたが,第4楽章は中々,良かったです。

 (4)は勿論,アンコール曲でしたが,(3)の余韻を消してしまうものでした。

 と言うことで,本日は(3)の前半が聴けたことが収穫でしょうか。

2011年 2月20日(日) 2011 都民芸術フェスティバル参加公演 第41回 都民寄席(江戸東京博物館ホール)

 2011. 2.20(日),両国駅近くの「江戸東京博物館ホール」で行われた「2011 都民芸術フェスティバル参加公演 第41回 都民寄席」に行ってきました。ただし,「寄席」と言っても,「落語」や「漫才」ではなく,「浪曲」なのですが。聴衆の入りは座席の95%程度と,例年の通り,盛況でした。さて,演目は以下です。

 (1)義士外伝「弥作の鎌腹」(東家一太郎,曲師:沢村豊子)
 (2)権太栗毛(富士路子,曲師:沢村豊子)
 (3)越後獅子祭(春日井梅光,曲師:佐藤貴美江)
 (4)大新河岸「母子河童」(澤孝子,曲師:佐藤貴美江)

 (1)は最初はやや退屈でしたが,後半から盛り上がって素晴らしかったです。話は赤穂浪士のもので,浪士の弟が兄に会いにくるが,その時,代官の娘に惚れられてしまう。しかしながら,弟が主君の仇討ちのことを兄に告白したところ,それを代官に聴かれたので,兄が代官を打ち殺してしまうと言うものです。

 (2)は熊谷直実の馬を買う話なのですが,あまりに昔風の話過ぎて,話に入って行けませんでした。

 (3)も話が古過ぎです。これは越後獅子に売られた子供が大人になって,父親に出会うが,父親の方は自分が親であることを名乗らないと言うものです。

 (4)も銚子の河童の話ですので,古過ぎです。

 後,全体的に言えることは,曲師の三味線は素晴らしかったです。また,冒頭に入る「拍子木」の澄んだ音も良かったです。それにしても,本日,楽しめたのは (1)だけと言うのは残念でした。この手の話って,やはり,「清水次郎長」辺りが活気があって最も面白いと思うのですが,今はやる演者がいないのでしょうか。

2011年 2月13日(日) OB交響楽団 第176回定期演奏会(かつしかシンフォニーヒルズ・モーツアルトホール)

 2011. 2.13(日),京成電鉄「青砥駅」近くの「かつしかシンフォニーヒルズ・モーツアルトホール」で行われた「OB交響楽団 第176回定期演奏会」を聴いてきました。ここに入ったのは2回目だと思います。聴衆の入りは1階席で座席の8割程度と,まあまあでした。行く途中,京成電鉄「日暮里駅」の2階に初めて行きましたが,ここは蒲鉾状の屋根で覆われていて快適なのですが,ホームが2つあるのに,線路は1本しかないと言う作りには驚きました。さて,演奏された曲は以下で,今は冬と言うことか,全て寒い国の音楽でした。

 (1)シベリウス:カレリア組曲
 (2)グリーグ:「ペール・ギュント」第1・第2組曲
 (3)チャイコフスキー:交響曲第2番
 (4)チャイコフスキー:「胡桃割り人形」より「花のワルツ」
 松岡究指揮OB交響楽団

 (1)は私が大好きな曲ですが,第1曲「間奏曲」は金管楽器が不調でこりゃあだめかと思いましたが,第2曲「バラード」・第3曲「行進曲」はまあまあでした。

 (2)も金管楽器が不調で,「朝」はさわやかな感じが不足,「オーゼの死」は金管楽器が入らない筈なのに,なぜか,ずぶとい感じで悲しさが不足,「イングリッドの嘆き」と「ソルヴェイグの歌」も情緒不足で,良かったのは,異国情緒溢れる「アニトラの踊り」と「アラビアの踊り」のみでした。

 (3) は,コンサートで1,2回聴いたことがあったと思いますが,いずれにしろ,ほとんど記憶に無い曲です。第1楽章の冒頭は金管楽器にやや難がありましたが,その後は順調に聴くことができました。全4楽章の内,第1・4楽章が中々良く,特に,第4楽章は素晴らしかったです。それにしても,この曲と第4番以降とは,内容的に大きく異なっていますね。

 (4)は勿論,アンコール曲で,これが本日,最も良かったです。

 と言うことで,本日はチャイコフスキーの交響曲第2番と言うあまり聴かない曲と,花のワルツを聴けたことが収穫でしょうか。

2011年 2月 6日(日) 文京白山フィルハーモニック 第23回定期演奏会(北とぴあ・さくらホール)

 2011. 2. 6(日),王子駅近くの「北とぴあ・さくらホール」で行われた「文京白山フィルハーモニック 第23回定期演奏会」を聴いてきました。聴衆の入りは座席の半分程度と寂しいものでした。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)モーツアルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
 (2)モーツアルト:交響曲第40番
 (3)シューマン:交響曲第3番
 川本統脩指揮文京白山フィルハーモニック

 開演前にロビーにて,”モーツアルト:歌劇「フィガロの結婚」”の中の曲を管楽八重奏に編曲されたものが管楽八重奏団によって演奏されましたが,これが快活な気分で実に良かったです。

 (1)は先程,演奏された曲の原曲と言うのに,なぜか,ロビーで行われていたものより数段,劣っていて,特に弦楽器の音の不安定さが耳につきました。

 (2)は,私はもっと,軽い感じの演奏が好きなのですが,割と低音を効かせたものでした。第3楽章が良かったです。

 (3)は,第3楽章まではまあまあの演奏でしたが,第4楽章になると急によくなり,荘厳な感じがよく出て,その調子が第5楽章も続きました。この第4・第5楽章は,今迄の不調を払拭し,うっぷんを晴らすような素晴らしさでした。

 なお,本日のアンコール曲は第5楽章の終わりの部分のみが演奏されましたが,それは先程のものより更に素晴らしいものでした。

 と言うことで,本日は管楽八重奏が聴けたことと,第3交響曲の第4・5楽章が聴けた事が収穫でした。

2011年 2月 5日(土) 豊島区管弦楽団 第71回定期演奏会(東京芸術劇場・大ホール)

 2011. 2. 5(土),池袋駅近くの「東京芸術劇場・大ホール」で行われた「豊島区管弦楽団 第71回定期演奏会(創立35周年記念)」を聴いてきました。本日は全席指定と言うこともありましたが,1・2階席は満員,3階席は座席の2割と盛況で,やはり,マーラーは人気がありますね。さて,演奏された曲は以下の1曲のみです。

 (1)マーラー:交響曲第6番
 海老原光指揮豊島区管弦楽団

 本日のプログラムは1曲のみと言う大胆なものだったのには驚きました。普通だったら,この前に,ワーグナーの楽劇の前奏曲を演奏して,休憩に入るのですが,本日は1曲のみですので,勿論,休憩は無しです。なお,オーケストラの編成ですが,かなりの助っとを入れているようで,全部で120名位の大編成で,舞台は満杯状態です。また,楽器の配置ですが,初めて見るもので,いわゆる旧配置の一種なのですが,コントラバス9台が最後列に横一列となって並んでおり,その上,台の上に立っていますので,低音がバンバン響きわたりました。また,大太鼓やティンパニイ等の打楽器は最も右でしたが,木琴等は最も左にありました。トライアングル左右に計3つ,後,舞台裏でカウベル等も演奏されました。

 第1楽章は表現主義的な鮮烈な演奏で,後半は粘りも出て,素晴らしい演奏でしたが,第2楽章は第1楽章で疲れたのか,最初は冴えませんでしたが,次第に音楽に粘りが出て来ました。第3楽章もまあまあでしたが,第4楽章になると,また,鮮烈さが戻って,第1楽章と同様な素晴らしさになりました。

 それにしても,カウベル,ものすごい効果でした。また,それ以外に,私が見たことがないような楽器も演奏されていましたし。ともかく,私の家では,これだけのダイナミックさ,音の鮮烈さの再現は無理ですね。

 なお,指揮者の海老原氏はバーンスタイン風の,要所,要所で飛び上がる大きな動きの指揮で,こちらも中々の見ものでした。

 本日は勿論,アンコール無しです。これだけの演奏の後に,他の曲は聴きたくはないです。本日は,このコンサートに行って,大正解でした。

2011年 1月23日(日) ファミリー音楽館 新宿文化センター ニューイヤーコンサート(新宿文化センター・大ホール)

 2011. 1.23(日),新宿駅近くの「新宿文化センター・大ホール」にて,「ファミリー音楽館 新宿文化センター ニューイヤーコンサート」を聴いてきました。もう,正月はとっくに過ぎて,大寒になっていると言うのに,「ニューイヤーコンサート」と言うのはかなりの違和感ですが,本コンサート,「喜歌劇のアリア集」と言うことでしたので,まあ,仕方がないかと思って行ったものです。聴衆の入りは座席の9割程度と,このコンサート,入場料1,800円と価格が安いので満席ではないかと思っていた私には意外でした。さて,演奏された曲は以下です。

 (01)オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄」序曲
 (02)ミレッカー:喜歌劇「デュバリー夫人」より「我が心を捧げる人」
 (03)ヨハン・シュトラウス2:喜歌劇「ジプシー男爵」より「タホ川の岸辺で」
 (04)ヨハン・シュトラウス2:喜歌劇「ヴェニスの一夜」より「ゴンドラにお乗りよ」
 (05)ヨハン・シュトラウス2:ポルカ「憂いもなく」
 (06)ツェラー:喜歌劇「小鳥売り」より「私は郵便配達のクリステル」
 (07)ベナッキー:僕は今年もグリンツィングに
 (08)カールマン:喜歌劇「マリッツァ伯爵令嬢」より「ウィーンによろしく」
 (09)ヨハン・シュトラウス2:円舞曲「南国のバラ」
 (10)ヨハン・シュトラウス2:喜歌劇「こうもり」序曲
 (11)カールマン:喜歌劇「モンマルトルのすみれ」より「今日も私は街角で」
 (12)カールマン:喜歌劇「マリッツァ伯爵令嬢」より「行こう,ヴァラシュディン」
 (13)オスカー・シュトラウス:喜歌劇「ワルツの夢」より「そっと,そっと,静かに」
 (14)ヨハン・シュトラウス2:ポルカ「狩り」
 (15)ヨハン・シュトラウス2:円舞曲「春の声」
 (16)カールマン:喜歌劇「チャールダッシュの女王」より「それが恋」
 (17)レハール:喜歌劇「パガニーニ」より「誰よりも君を愛す」
 (18)ヨハン・シュトラウス2:円舞曲「美しき青きドナウ」
 (19)ヨハン・シュトラウス2:喜歌劇「こうもり」より「シャンペン・ポルカ」
 (20)ヨハン・シュトラウス1:ラデッキー行進曲
 円光寺雅彦四季東京フィルハーモニー交響楽団
 赤星啓子(S),菊地美奈(S),三塚直美(S),猪村浩之(T),佐藤一昭(T),北村哲朗(Br),清水良一(Br)

 歌は全て日本語訳詞で,私にはかなりの違和感でした。また,歌手が舞台にいる時は,青や赤の照明が行われたほか,歌手も軽い演技をしながらの歌となりました。

 (1)は前半は冴えなかったのですが,例の有名なメロディになると,急によくなってきました。(2)はヨハン・シュトラウスやカールマンよりかなり落ちる感じで冴えませんでした。(3)はやはりシュトラウスと言う感じで,急に盛り上がりました。(4)は抒情的な感じがよく,(5)は爆発的に盛り上がりました。 (6)(7)は芸達者な感じで,芝居がよかったです。特に(7)は素晴らしかったです。なお,(7)は楽器4台による伴奏で歌われました。(8)は(7) の後だったので,完全に負けてしまいましたが,抒情的な感じが良かったです。

 (11)ではドレスを着替えていました。(12)もドレスを着替えていましたが,なぜか,恋の歌と言うのに黒いドレス姿でしたが,歌手が芸達者で,盛り上がりました。(13)は抒情的なところが良かったです。 (14)はものすごく活気のある演奏でした。オケだけではこの曲が最も良かったです。(15)は折角,歌手がいると言うのに,歌無しの演奏でした。この曲は歌無しだと魅力半減だと思います。(16)はダンスを踊りながらの歌であったこともあり,聴衆の手拍子で盛り上がりました。

 (19)(20)はアンコール曲で,黒いドレスの歌手は,元の黄色いドレスに着替えていました。(20)はお約束の曲ですが,聴衆の手拍子で大いに盛り上がって終わりました。

 と言うことで,日本語訳詞の歌には違和感を覚えましたが,それでも,楽しい演奏会でした。

2011年 1月12日(水) ランチタイム パイプオルガンコンサート Vol.95(東京芸術劇場・大ホール)

 2011. 1.12(水),新年初めてのコンサートに,すなわち,池袋駅近くの「東京芸術劇場・大ホール」にて行われた「ランチタイム パイプオルガンコンサート Vol.95」を聴いてきました。まだ,新春気分の人が多いせいか,本日はいつもより聴衆の数が少ない感じで,1階席で座席の4割と言ったところでしょうか。さて,演奏された曲は以下です。

 (1)ブクステフーデ:前奏曲,フーガとシャコンヌ ハ長調
 (2)バッハ:コラール「いと高きところにまします神にのみ栄光あれ」
 (3)リスト:バッハのカンタータ「泣き,嘆き,憂い,怯え」の通奏低音による変奏曲
 (4)ヘンデル:歌劇「セルセ」より「ラルゴ」
 新山恵理(org)

 (1)はブクステフーデと言うことで期待していたのですが,意外に平凡な曲でした。

 (2)はコラールですから盛り上がりが無い曲であることは知っていましたが,それでも,もう少し,シミジミした感じが欲しかったです。

 (3)はまるで現代音楽みたいな感じで,全く私の趣味ではありませんでした。リストの曲って,好きな曲もありますが,全体的にはそれは少ないような気がします。

 (4)はアンコール曲で,この曲が本日のコンサートでは最も良かったと言うか,この曲のみが聴きに来た甲斐がありました。

 と言うことで,本日は(4)が聴けて良かったです!

前ページ クラシック音楽の紹介目次 Home 次ページ