matsumo,matsumo2,matsumoto,matumoto,LPレコード,

前ページ クラシック音楽の紹介目次 mp3ファイル目次 Home(coocan) 次ページ

LPレコード(60)

初回:2018. 5.31
 ここのところ、ブログの方は毎日4記事を書いてますが、それにかまけて、ブログの記事を利用して作成しているホームページの改訂は疎かになっています。と言う訳で、1年ぶりの改訂で、よくやく昨年upしたLPレコード等から作成したmp3ファイルに関するページを追加することができました。
ベートーベン:交響曲第6番
フランツ・コンヴィチュニー指揮ゲバントハウス管弦楽団
録音:1959年
(日本ビクター SFON-2552/53,17cmLP,A面+B面+C面+D面)

 LP時代,ベートーベンの交響曲第6番は一般的に30cmLP1枚に収録されていましたが,17cmLP2枚に収録されたものも発売されていました。これは勿論,30cmLPより価格が安いことが特長で,いわゆる,廉価盤として発売されていた訳です。

<mp3ファイル>
「GoogleDrive」中の「sound1211」中の以下のファイル
 第1〜第5楽章:Beethoven_Symphony_No6_Konwitschny_Gewandhaus_O_1959A_D.mp3(41.3MB)


 なお,これはステレオ録音です。
ベートーベン:ピアノソナタ第14番「月光」
フィリップ・アントルモン(pf)
録音:1963年
(日本コンサートホールソサエティ M972,17cmLP,A面+B面)

 ベートーベンの「月光ソナタ」と言えば,一時期,以下の逸話で知られていました。
 ベートーベンが月夜の街を散歩していると,ある家の中からピアノを弾く音が聞こえた。良く見てみるとそれは盲目の少女であった。感動したベートーベンはその家を訪れ,溢れる感情を元に即興演奏を行った。自分の家に帰ったベートーべンはその演奏を思い出しながら曲を書き上げた。これが「月光の曲」である。

<mp3ファイル>
「GoogleDrive」中の「sound1210」中の以下のファイル
 第1〜第3楽章:Beethoven_PianoSonata_No14_Entremont_1963A_B.mp3(13.6MB)


 なお,これはステレオ録音です。
ベートーベン:交響曲第9番
フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団,聖ヘドヴィッヒ大聖堂聖歌隊
イルムガルト・ゼーフリート(S),モーリン・フォレスター(A),エルンスト・ヘフリガー(T),ディートリッヒ・フィッシャー・ディスカウ(Br)
録音:1958年
(日本ポリドール MH5006,A面+B面)

 12月になり,いよいよ,「第九」の季節になりました。今年の第九は既に11月のコンサートで聴きましたが,後はクリスマス・イブの日のコンサートで聴く予定です。

<mp3ファイル>
「GoogleDrive」中の「sound1212」中の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Beethoven_Symphony _No9_Fricsat_Berlin_po_1958A_B.mp3(62.9MB)


 なお,これはステレオ録音です。
シューベルト:歌曲集(「さすらい人,夜と夢,さすらい人の夜の夢,春への想い,凍った涙)
ジェラール・スゼー(Br),ダルトン・ボールドウィン(pf)
録音:1961年
(日本ビクター SFL-3608,17cmLP,A面+B面)

 フランスのバリトン歌手のジェラール・スゼーはフランス歌曲は勿論,ドイツ歌曲も歌って大量の録音を残していますが,フランス人のドイツ歌曲と言うことで,日本ではあまり人気がなかったようです。

<mp3ファイル>
「GoogleDrive」中の「sound1206」中の以下のファイル
 全5曲:Schubert_Songs_Souzay_Baldwin_1961A_B.mp3(16.7MB)


 なお,歌詞の独和対訳ですが,インターネット上の「梅丘歌曲会館 詩と音楽」をご覧下さい。また,これはステレオ録音です。
モーツアルト:交響曲第25番
オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団
録音:1956年
(東芝EMI EAC-40044,A面)

 モーツアルトの交響曲は番号が付いているものだけでも41曲,番号が付いていないものを含めると50曲以上ありますが,よく演奏されるのは第25番以降で,かつ,番号が付いているもののみです。

<mp3ファイル>
「GoogleDrive」中の「sound1215」中の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Mozart_Symphony_No25_Klemperer_Philharmonia_O_1956A.mp3(17.6MB)


 なお,これはステレオ録音です。
モーツアルト:交響曲第29番
オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団
録音:1965年
(東芝EMI EAC-40044,B面)

 モーツアルトの交響曲は番号が付いているものだけでも41曲,番号が付いていないものを含めると50曲以上ありますが,よく演奏されるのは第25番以降で,かつ,番号が付いているもののみです。

<mp3ファイル>
「GoogleDrive」中の「sound1216」中の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Mozart_Symphony_No29_Klemperer_NewPhilharmonia_O_1965B.mp3(23.2MB)


 なお,これはステレオ録音です。
モーツアルト:交響曲第31番
オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団
録音:1963年
(東芝EMI EAC-40045,A面)

 モーツアルトの交響曲は番号が付いているものだけでも41曲,番号が付いていないものを含めると50曲以上ありますが,よく演奏されるのは第25番以降で,かつ,番号が付いているもののみです。

<mp3ファイル>
「GoogleDrive」中の「sound1217」中の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Mozart_Symphony_No31_Klemprer_Philharmonia_O_1963A.mp3(17.2MB)


 なお,これはステレオ録音です。
モーツアルト:交響曲第33番
オットー・クレンペラー指揮ニューフィルハーモニア管弦楽団
録音:1965年
(東芝EMI EAC-40046,A面)

 モーツアルトの交響曲は番号が付いているものだけでも41曲,番号が付いていないものを含めると50曲以上ありますが,よく演奏されるのは第25番以降で,かつ,番号が付いているもののみです。

<mp3ファイル>
「GoogleDrive」中の「sound1218」中の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Mozart_Symphony_No33_Klemprer_NewPhilharmonia_O_1965A.mp3」(21.2MB)


 なお,これはステレオ録音です。
モーツアルト:交響曲第34番
オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団
録音:1960年
(東芝EMI EAC-40046,B面)

 モーツアルトの交響曲は番号が付いているものだけでも41曲,番号が付いていないものを含めると50曲以上ありますが,よく演奏されるのは第25番以降で,かつ,番号が付いているもののみです。

<mp3ファイル>
「GoogleDrive」中の「sound1219」中の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Mozart_Symphony_No34_Klemprer_Philharmonia_O_1960B.mp3(21.4MB)


 なお,これはステレオ録音です。
モーツアルト:交響曲第35番
オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団
1960年録音
(東芝EMI EAC-40047,A面)

 モーツアルトの交響曲は番号が付いているものだけでも41曲,番号が付いていないものを含めると50曲以上ありますが,よく演奏されるのは第25番以降で,かつ,番号が付いているもののみです。

<mp3ファイル>
「GoogleDrive」中の「sound1220」中の以下のファイル
 第1〜第4楽章:Mozart_Symphony_No35_Klemprer_Philharmonia_O_1960A.mp3(16.7MB)


 なお,これはステレオ録音です。


前ページ クラシック音楽の紹介目次 mp3ファイル目次 Home(coocan) 次ページ