旅行,旅日記,袋田の滝,安達太良山,matsumo,matsumo2,matsumoto,matumoto
Japanese Only
前ページ matsumoの旅日記目次 Home 次ページ

matsumoの旅日記(5)

初回:1998. 2.15
1994年7月30日(土)〜7月31日(日) 袋田の滝・安達太良山

 夏休みの一環として,もう18歳はとっくに過ぎたというのに,JRの「青春18キップ」を使用した「怠惰」な「山登り」をしてきました。「怠惰」というのは,普通こういう場合は,初日は麓の山小屋泊まりで,翌日,山登りか,夜行列車で行って,駅等で仮寝というパターンなのですが,今回は,本日は都会のビジネスホテル泊まり,翌日,列車,バスにて現地へ行き,山登りするという軟弱なやり方のためです[日帰りの新幹線も考えたのですが,どうも,バスの接続がうまく行かないために諦めたのです]。

1994年 7月30日(土) 袋田の滝
 前日23時に寝たためか,あるいは,少し緊張しているせいか,目がさめる。時計を見ると,まだ,5時だ。それで,もう少し眠ることにする。夢の続きを見ていてハツとして目がさめると,もう,6時だ。ほんの一瞬の感じだったが,もう,あれから1時間たっている。急いで,歯を磨いて,顔を洗い,お湯をわかして,即席ラーメンにお湯を入れる。そして新聞を見ながら食べる。

 外は昨日にひき続いて雨だ。4日ほど前の天気予報でしばらくは晴れの日が続くというので,行く決心をしてホテルの予約をしたのだが。まあ,いいか,どうせ今日は移動だけみたいものなのだから。明日さえ晴れればいいのだから。それにしても,この雨は関東地方の沖合いにある熱帯性低気圧によるみたいだが,私は北の方へ行くのだから,この低気圧といっしょに北へ行くことになるのではないかとの不安が一瞬頭をよぎる。

 家を出て,上野駅発7:02の常磐線の高萩行の鈍行に乗る。この列車は,前11両は土浦止りなので,後4両の高萩までのに乗る。ただし,土浦止りはボックス席だが,こちらの方が長時間走っているというのにロングシートだ。JRの列車運行の旅客に対する不親切さを思う。上野を発車した時はガラガラだったが,我孫子あたりから,ほぼ満席となる。途中から雨は止み,列車が切り放される土浦に着くと,空は明るくなっている。列車も前の車両からの移動者もいるためか,立っている人も多くなってきた。

 水戸駅9:15着。すぐに9:27発の水郡線郡山行き快速に乗りかえる。水戸駅始発だが,列車内はほぼ満席で一部立っている人もいる。やっと前の方に空席を見つけて座る。この列車は4両編成のジーゼルカーで,前2両は郡山行き,後2両は常陸太子止りだ。そして,何とこの列車はドアは片面2つ,座席は2列+1列のボックス席,ドア付近はロングシートという私が初めて乗る形式のものだ。でも,新車らしく非常にきれいで気持ちがいい。発車直前にかなりの乗客があり,定時に発車。しかしながら,,線路の保線が悪いためか,ゆれは常磐線に比較して格段に多い。

 水戸駅あたりから,太陽が出てきて,空には一部青空が見えてきた。列車は最初は田園地帯を,そして,しだいに山間に入っていく。

 10:28袋田駅着。早速,じゃまな荷物を入れるロッカーを探すが,全く影形なし。無人駅だからしかたがないか。袋田の滝という観光地の最寄り駅だというのに,列車から降りた客は数名という少なさ。律義にも車掌が改札付近で一人一人のキップを集める。モータリゼーションがJRをどんどん悪くしていく。

 しかたがないので,ザックをしょって袋田の滝へ行くこととし,とりあえず,途中でも写真を撮れるようにカメラを取り出す。本日のカメラは勿論,一眼レフの「YASHICA FX-3 SUPER 2000」である。勿論といった理由は,私は一眼レフを数台持っているが,それらを,旅行・風景写真用,モデル撮影会用,登山・海岸でのモデル撮影会用,鎌倉等での撮影用,パノラマ写真用と分けているためである。初代の登山・海岸でのモデル撮影会用のカメラは「YASHICA FX-3」であったが,それは昨年夏,那須の茶臼岳への登山中にシャッターの調子が悪くなってしまい,どうにかだましだまし撮ることができたが,ついに,撮り終わると同時に完全にダメになってしまった。その後購入したのがこれで,本日が使い初めである。一応,本体に,今まで使用してきたレンズよりはるかに軽い35-70mmのズームレンズがついている。

 駅を9:35に出る。タクシーで行ったのが3組程,そして,歩きが私を入れて2組だ。空は雲が多いが一応太陽は出ている状態だ。10分程歩いた所に,コンビニエンスストアがあった。貧乏旅行家の私は当然,「究極の格安昼食」(笑)のために,そこでおにぎりを買う。

 自動車が通る大きな道を歩いていくと,茅ぶき屋根の美しい家を見つける。当然,そこで写真を撮る。汗をかきかき更に進む。しだいに,そば,こんにゃく,あゆ,いも等を食べさせたりする食堂やお土産屋が増えてくる。10:10,滝見物のためのトンネル入口到着。金 100円なりを払って入場。トンネルの中に入ると結構涼しい。そのまま200m程進むと,滝の正面の観滝台だ。やはり,大きい。水しぶきが上がっている。これを見たのは2回目だ。大昔,このトンネルの工事を行っている時に会社の課内旅行で来た。それ以来だ。その時は脇からしか見れなかったので,今日みたく真正面から見たのは初めてだ。今度は夏ではなく,冬の滝が全部凍った時に来てみたいものだ。

 当然,ここで沢山の写真を撮る。黒い岩に白い水なので露出に自信がないため,3段露出[EEの示した露出のほか,その前後の露出でも撮影すること。こうしておけば,そのどれかが適正露出になっていることが多い]だ。十分撮影した後,トンネルをもどり,途中の出口より,吊り橋の方へ行く。ここからは,滝を斜めから見ることができる。ここでも,勿論,撮影する。

 吊り橋を渡って[ガキがバタバタ揺らしたため大変だったが], 11:00より月居山への道をとる。入口は鉄の階段だ。それを登りきるとまた鉄階段。ともかく,雨のあとがまだ残っており,水が溜まっているのですべりやすい。その上,結構斜めになっていたりして,ともかく歩きにくい。次から次に鉄の階段でいいかげん飽きてきたら,こんどはコンクリートの階段の連続だ。勿論,山道だから時々階段は壊れていたり,斜めになっていたりする。ともかくひどい山だ。一体,土の道はあるのだろうか,もしかして,全山,このような階段ではないだろうかという恐ろしい予感が頭を過る。大汗をかきながら30分ほど登ると,やっと,滝の上部が見える場所に着く。当然,ここでも写真を撮る。しかしながら,やはり滝は上からよりも下からの方が美しいし,迫力があっていい。その上,流されてきた木の破片も見える。更に上がって,今度は月居山との分岐点を過ぎ,50m程行った地点の「四度の滝」の観滝台へ着く。ここからの滝は遠くにしか見えないので迫力がない。

 分岐点にもどり,更に上に進む。まだ,コンクリートの階段は続いている。それにしても暑い。既に汗はびっしょりで,下着もポロシャツも雨にあったように濡れている。それに,腹がへったせいか頭がウラクラする。それで,先程のおにぎりを食べながら歩くことにする。分岐点までは時々人がいたが,今はもう全くいない。だから,食べながら歩いても恥ずかしくない。ところがあまりに汗をかいたせいか,のどがカラカラでご飯粒が喉を通らない。それで,念のために少量の水を水筒に入れてきたので,それを飲むことにする[本日は山登りはしない予定だったので,水筒には水は300ml程度しか入っていなかったのです]。更に,進んでもずっとコンクリートの階段は続く。そして,やっと,「月居山峠500m」の標識までくる。時間は 12:10。そうか,峠の後更に頂上があるんだ。今日は疲れた,もう,これ以上登るのは嫌だ。この階段はずっと頂上まで続いているに違いない。軟弱にも(笑)これ以上登るのを中止するを決意する。それにしても,こんな調子で明日は安達太良山を登れるのであろうか,今日は足慣らしのつもりでここに登ったのに,と,不安が頭をよぎる。

 そこで,この場所の濡れていない場所に腰を降ろして,残りのおにぎりを食べ,水筒の水を飲む。12:25下山開始。階段は滑りやすいので注意しながらゆっくりと下る。 12:50鉄の階段が始まった吊り橋付近着。ここより,ほぼ,元来た道を駅まで戻る。ともかく,喉が乾いたので自動販売機を探すが,吊り橋付近では1缶150円だったのでぐっと我慢。それが, 120円となり,110円となったところで購入する。結局,駅に戻るまでに2缶も購入してしまった。水筒の水と合わせると1リットルの水を飲んだことになる。すなわち,汗もこんなにかいたのだ。

 袋田駅到着13:30。これより,13:58発の常陸太子行きの列車に乗る。こちらは2両編成のジーゼルカーだ。どうやら,ワンマンカーらしい。乗客は降りる際,運転手のそばの料金箱にお金を入れている。ただし,列車は,先程と同じ種類の2列+1列のものだ。常陸太子駅14:04着。これより,14:23発の郡山行の鈍行に乗りかえる。何とこちらは1両編成だ。列車の種類も先程と同じ。ワンマンカーで料金箱は前に。降りる際は当然前から,そして,乗る際は後のドアから整理券を取ってだから,バスと同じだ。ただし,さすが列車だけあって,トイレがついている。

 先程,同じ列車に乗っていて,今度は私のすぐそばに座った大きなザックを持った登山客数名は発車直前に下りてしまった。何か,前の列車内に大切なものを置き忘れて,駅員に探しても等ったが,出てこなかったらしい。下りてしまったが,約1時間後の次の列車で行くつもりなのだろうか。彼らの様子だとアルプスからの帰りではなく,これから東北の山を登るような感じだったが。降りたところをみると,お金でも列車に忘れたのであろうか。私も気をつけなければと自戒する。

 列車内はほぼ半数の入りで発車する。そして,しだいに山間部から田園地帯に入って行く。16:17郡山駅着。ここより,徒歩3分の郡山での常宿もビジネスホテルに着く。

1994年 7月31日(日) 安達太良山
 朝5:15に目がさめる。昨日は23時前に寝たからまあまあか。歯を磨いて,早速,携帯用湯沸し機のコンセントを入れ,お湯をわかす。私は旅行に行くときは大抵これを持っていき,朝はカップラーメンかカップメンとなる。これの方がホテルの朝食や外でのモーニングより,圧倒的に安いし,また,自分の好きな時間に食べることができる。私みたいな貧乏旅行家にはうってつけである。というわけで,今日はカップラーメンを食べることになる。TVをつけて天気予報をみると,福島県は曇のち晴である。うん,まままあか。夕立の恐れはあるとのことだが,一応,雨の心配はないのに安心する。

 6:25ホテルを出る。そして,昼食用にすぐそばのコンビニエンスストアでおにぎりを買う。うん,製造年月日は7/31 6時となっている。もしかして,昨日の残りかもしれないと不安に思っていたが,安心する。

 3分程で郡山駅に着き,改札にて青春18キップに日付とともに,はさみをいれてもらう。2番線にいくと,もう,仙台行の鈍行は来ている。中に入ると,ガラガラだ,でも列車内は非常に汚い。昨日乗った水郡線のデーゼル車と段違いだ。どうやら,これは,寝台列車を改造したものらしい。天井がやけに高いし,座席も妙な形をしているし,窓の形も妙だ。その上,掃除をしたことがないと思えるほど,汚されている。どうやらJRは幹線には悪い列車を,ローカル線にはきれいな新車を配置しているらしい。これは,首都圏でも,山手線や京浜東北線も多くの人が乗るからしかたがないが,単に効率だけを目標とした車両しか走らせていない。

 定時の6:41に列車は発車し,7:06に二本松駅に着く。奥岳温泉行のバスは7:33に出るので,とりあえず,駅から100mの所にある「二本松神社」にお参りにいく。長い階段を登っている時に追いこした年とった女性が私がお参りしてもどる時に,「おはようございます」と挨拶してくれるので,私も勿論挨拶を返す。

 バスは定時の7:33に二本松駅を出発。乗客数は私をいれてたったの5名。日曜日なのにこれだけしかこないのか,やはり1600m強の山だから暑くて人気がないのかなあと思う。しかしながら,中間地点の岳温泉にて,ほぼ座席が埋まる人数となる。これくらいの人数ならちょうどいいと思う。バスは更に高度を上げ,8:33に奥岳温泉に着く。私はここはひなびた温泉だと思っていたが,それは大間違いで,何と,ホテル,レストハウス,巨大な駐車場がある一大レジャー基地が出現したのであった(笑)!! その上,停留所のそばには安達太良山の中腹までいけるゴンドラリフトが,ウウーンと音を発てて走っている有様。そして,その前にはゴンドラに乗るために待っている沢山の人々,そうです,もう,安達太良山は登山の領域ではなく,観光の領域となっていたのです。

 私はここから足で登るつもりだったのだが,軟弱者なので早速,ゴンドラリフト片道のキップを金750円を出して購入。そして,待っている人々の最後に並ぶ。ほどなくして,ゴンドラに乗る。ゴンドラは定員6名だが,どうやらグループで乗せているようだ。だから,2人で乗っているのもあるし,4人のもある。私の場合は4人であった。乗せたあと,少し前に進んだ時点でドアが自動的に閉まり,本格的に登り始める。しかしながら,外の風は結構強いようだ。かなり,風の音がする。思わず,強風で故障し,途中で止ることがないことを祈る。後ろの窓から,かなり下の風景が見える。しかしながら,曇っており,それほど視界はよくない。10分ほどで,上に到着。外に出ると風が強い。その上,200名位の小学生の団体がおり,ちょうど登って行こうとしているところだ。私は彼らが少し登ってから出発することにする。なぜなら,狭い山道では,彼らを追いこすことは非常に困難だからだ。

 9:00にロープウエイ終点を出発。でも,沢山の人が登っているので,列をなして人の後をついていくといった感じ。これでは,まるで渋滞の高速道路を走っているようなものだと思う。そして,渋滞しても動いていればよいが,時々列が進まなくなる。その上,道は昨日雨が降ったらしく,多数の水たまりとひどいぬかるみ。靴がずるずると滑る。これでは下りの人は大変だと思う。いつ,尻もちをついてもおかしくないほどだ。その上,両側は背の高い這松に覆われていて,楽しむ視界はゼロだ。すべらないように注意して,ただ,もくもくと登る。

 すると,平らな所へ着く。どうやらここが五葉松平らしい。先程の小学生の団体が一息入れている。勿論,私はさっさと,彼らを追いこす。それにしても。迷惑な話だ。多分林間学校できているのだろうが,わざわざ,日曜日を選んで集団登山することはないのではなかろうか。小学生だから,休みは40日間あるわけで,月曜日から金曜日を選んでほしい。会社員に夏休みがあるといっても,それは盆の頃だけであって,後は土日しか休みはないのだ。学校の先生も,我々庶民に対する迷惑も考えて欲しいと思う。

 彼らを追いこした後は快調にとばすことができるようになり,安達太良山の山頂直下広場に9:50に到着する。ここはものすごく風が強い。その上,視界は50m位か。小学生達がくるといけないので,ここで休まず,すぐさま,後,20mほどの岩山を登る。頂上は狭く10畳ぐらいか。風がものすごく強い上,あたりの景色は霧で全く見えないので,さっさと元の頂上直下の広場に下る。

 ここで10分ほど休んだ後, 10:05鉄山方面へ出発。ともかく,風が強い。吹き飛ばされそうだ。昨年,那須の茶臼岳に登った際,強風で有名な峰の茶屋の風もすごかったが,こちらの方はもっとすごい。風速30mは越えているのではないかと思う。その上,視界は更に悪くなり,20m位先しか見えない。頼りになるのは,時々あるケルンと赤いマークだけだ。先程までいた沢山の人は,もう,ほとんどいない。どうやら,ここから先は我々「山ヤ」のものらしい。それにしても,まあ,道は「馬ノ背」といわれている狭い尾根づたいにあるからいいが,もし,これがだだっ広い尾根だったら,完全にわからなくなってしまうだろう。その位深い霧と風だ。しかしながら,唯一の救いは寒くはないことだ。もし,これで寒かったらさっさと下りてしまった方がよい。しかしながら,くろがね小屋への最初の分岐あたりにくると,風はますます強くなり,視界も更に悪くなる。当然,これ以上,進む気力もなくなってくる。更に進むか,下りるか迷う。そこに,救いの神が。10名位の団体が,私を追いこして鉄山の方向へ進んで行く。

 よし,彼らの後をついていけば大丈夫だろう。もし,何かあっても安心だ。そこで,彼らの後をついていく。しかしながら,ここで悲劇が。2番目のくろさわ小屋への分岐で,そのまま,進めば鉄山へいけたのだが,彼らはもともと鉄山へ行く予定はなく,沼尻方面へ下っていったのだった! そんなことを知らない私は当然,彼らの後を追って下っていく。すると,広大で白く丸い形をした,それこそ,月世界みたいな感じの砂だらの土地に出た。道標があったので見ると,進行方向は沼尻方面,来た方は安達太良山と書かれている! 急いでそこで休んでいる彼らに聞くと,彼らは沼尻方面へ行くのであって,鉄山へ登るには元の稜線まで戻って,左へ進まなければならないという。そこで,稜線まで戻る決心をする。そういえば,稜線から下るあたりから,風も少しおさまり,霧も視界も大分開けてきたので,随分写真を撮ったのだが,せっかく来たのであるから,更に十分に写真を撮る。ここは本当に月世界みたいだ,月の砂漠とはこういう所をいうのかなあと思う。また,まわりの山も一部白い砂があるらしく,まるで雪渓が残っているように見える。四方が山で囲まれている所をみると,どうやら ここは火口の後らしい。ここの地名は沼ノ平というらしい。また,硫黄らしい黄色い部分も見える。多分,ここには二度とこないであろうから,十分,目に焼きつけておく。なお,ここが火口跡だとすると,どうやら,安達太良山も馬ノ背も鉄山も火口の周りであり,そこを歩いていたのだと考えられる。

 11:00沼ノ平出発。途中,途中,霧の晴れ間を狙って写真を撮りながら,上へ登る。11:30稜線の先程の分岐へ出る。何とそこには大きな道標があり,鉄山方面の文字が! 恐ろしいことに,何の疑問も抱かずに彼らの後をついていったためにこういうことになってしまったのだ。まあ,弁解を言わせてもらえば,強風と深い霧のために周囲を注意する余裕がなかったということだが。いずれにしろ,変な事故にならなくて,幸いであった。

 分岐より,そのまま尾根づたいを進み,鉄山 11:50着。しかしながら,山頂には誰もおらず,あるのは,立てた丸太1本と石でできた三角点のみ。一応,地図で鉄山頂上に三角点があることから,ここが鉄山頂上であることを確認。しかしながら,前よりは風は弱くなったが,相変わらず,景色はほとんど見えない状態であり,丸太には何も書かれていないので,一応地図にあった鉄山避難小屋まで行って,ここが鉄山であることを確認しておこうと決心。すぐさま,先に進む。

 12:00避難小屋着。小屋の周りの風の弱い所で昼食をとることにする。食べている最中に風は相変わらず強いが,霧がほぼなくなり,時々,太陽が出てくるようになったので,かなりシャッターをきる。

 12:30避難小屋出発。鉄山を通り,第2のくろかね小屋への分岐より,くろがね小屋への道を下る。歩きにくい石だらけの急な坂だが,風はほとんど消えてしまった。時々硫黄がある場所があり,まだ,火山が活動していたなごりを見る。14:15くろがね小屋着。ここは温泉のある山小屋として有名な所だ。しかしながら,休まずに更に下る。すると,もう,そこは山道ではなく小屋へ荷物を上げるためのジープ道だ。だから,石さえ気にしなかったらズンズン下れる。途中,金明水と名付けられた水場で,持参した1リットルほどのポリ容器に水を入れている一団に会う。

 14:15奥岳渓谷の遊歩道の入口に着く。私はこんな場所があると知らなかったが,看板にひかれて,ジープ道からはずれるが,結局は奥岳温泉のバス停止に行けることを確認して,遊歩道を行くことにする。それにしても,ここは素晴らしい! 道はしっかりと整備してあるし,長大な滑滝,そして,水量の豊富な滝,これはもっと宣伝すべきだと思う。あんなに来ている観光客のうち,どれだけがこれを見ているのかと思う。非常に暗いので,ブレる恐れがあるため,同じ写真を何回も撮る。

 1kmほどで遊歩道は終わり,ホテルへの道をとると,ほどなく,奥岳温泉のバス停に着き,止まっていた岳温泉行のバスに飛び乗る。2分後の15:00にバスは発車する。そのバスは小学生の小さな団体が座席のほとんどを占めていて座ることはできなかった。彼らの話を聞いていると,どうやら,奥岳温泉でテント生活をしていたらしい。

 奥岳温泉に 15:28にバスは到着する。私は二本松行のバスでは座りたかったので,さっさと下りて,バス停にならぶ。二本松行のバスは定時の15:37より3分程遅れて到着。実は,このバスは二本松駅 16:01到着の予定で,私は青春18キップを持っており,キップをかわずにすむので,その1分後の二本松駅16:02発の黒磯行に乗ることをもくろんでいたのだが,その時点であきらめることにする。バスは5分遅れで発車。そして,遅れを取り戻すためか,ずんずんとばす。私はもしかして,と期待を持つ。しかしながら,結局,二本松駅に着いたのは,何と,発車1分後の16:03であった。

 次の黒磯行鈍行は1時間以上後の 17:12だ。とりあえず,待合室でカメラはレンズとボディに分け,ベルトポーチに入っているものを出し,ザックの中に入れる。そして,洗面所にて,手,腕,顔を洗う。そして,列車内での夕食用に,駅前のコンビニエンスストアに行く。

 アナウンスで,下り方面の福島行の列車が黒磯付近での豪雨のために,30分遅れているのを知る。しかしながら,黒磯行鈍行は定時に到着した。列車は朝乗ったのと同じ寝台車を改造したもの。この列車には窓が2種類あり,1つは,開く窓で,もう1つはガラスが二重になっていて開かない窓である。朝は開く窓の座席にいたから気がつかなかったが,今度は,開かない窓の座席に座ったら,二重のガラスの所に,手作りと思えるような人形等が飾ってあるのであった。あまりきれいとはいえない車両を少しでも飾ろうという作業員達の暖かい心が見えたような気がした。列車は黒磯駅に 18:49到着した。なお,途中より,雨が降ってきた。そして,黒磯駅発 19:03,上野駅着 21:38の列車にて東京へ戻る。

前ページ matsumoの旅日記目次 Home 次ページ