行,旅日記,西沢渓谷,御岳山,箱根,大菩薩峠,袋田の滝,matsumo,matsumo2,matsumoto,matumoto
Japanese Only
前ページ matsumoの旅日記目次 Home 次ページ

matsumoの旅日記(38)

初回:2004.12.25
2004年 8月21日(土) 御岳山

 2004. 8.21(土),御岳山にてレンゲショウマの白い花が咲いているとのことで,行ってきました。

 朝,起きると空の半分位は雲で覆われていたが,ラジオの天気予報は「晴れ」とのことから,予定通りに,奥多摩の御岳山に行くことにする。新宿駅6:44発高尾行特別快速に乗り,7:09立川駅に着く。何と,空のほとんどは雲で覆われている! ううん,天気予報はまたも外れたのかと思う。下りたホームで待ち,7:15発青梅行普通列車に乗り,7:50青梅駅に着く。天気予報が当たったのか,雲が切れて太陽が出て来た。この調子だと,1,2時間後にはかなり青空状態になるかもしれないと思う。8:14発奥多摩行に乗り(満員で座れず),8:32御岳駅に着く。ものすごい数の人のが下りる。何と,本日はJR東日本が主催する「御岳山レンゲショウマ・ハイキング」の日だったのだ。参加者はおそらく千人以上だろうし,その上,レンゲショウマの花盛りと言うことで,これからも続々と人数が増えるに違いない。全くとんでもない日に着てしまったものだと思う。まあ,元々,私がこのレンゲショウマを知ったのもJRのパンフレットによるし,ハイキングのパンフレットも何回も見たのだから,完全に私の手落ちである。

 現在の青空は3割程度で後は雲が覆っている。ううん,この調子で本当に青空になるのか不安であるが,ここまで来たのだから,予定通り歩くことにする。まずは,駅前の橋から下の川を撮影後,8:42御岳駅を発ち,川のすぐ側まで降りて,川沿いのハイキング道を上流方向に進む。しばらくすると,道標があり,それに従って橋を渡り,その後は舗装道路を歩くと,9:18ケーブルカーの下の駅に着く。しかしながら,キップ売場はものすごい列である。仕方無しに並んでいると,大分進んだところで,突然,私より20名位後ろの所で,昔の駅弁売りみたいな格好でキップを売り始めたではないか。そして,それを買った人達は,ドンドン,乗車の列に並んで行く。ううん,このやり方はあまりにその前に並んでいる人達を愚弄している!! 全くふざけたやり方である。結局,キップを買い,そして,私より後に並んだ人達が既に乗車の方に並んでいるので,その後にまた並ぶと言うことになってしまった。そして,9:46発のケーブルカーにようやく乗れ,9:56ケーブルカー頂上駅に着く。結局,ケーブルカーの下の駅で28分間,また,先程の青梅駅で24分間と合わせて50分以上の無駄な時間を過ごしたことになる。

 頂上駅に着いたが,空は曇り状態で,霞んだ展望しかない。いつもの御岳神社への道ではなく,右に大きく周る杉林の中の山道を5分程進んで,道標に従って左折し直登する道を20m程登れば,そこがレンゲショウマの群落地である。群落と言っても,杉林の中にあるし,また,数もそれほど大きくない上,白い花(本当は薄紫色なのだが,ほとんど,白色にしか見えない)は小さいので,「レンゲショウマ祭り」と言われなければ,ほとんどの人は見落としてしまうのではと思う。すなわち,見栄えはしないし,また,写真的にはインパクトをつけるのはやはりアップしかないのではと思う。しかしながら,例によって大型三脚を狭い登山道にガンとすえて撮影している中高年カメラマンがおり,これらのマナーを知らない輩は,オートバイ等の暴走族と同様だと思う。

 ここで十分に撮影した後,更に上に上がると, 10:15産安社に着く。どうやら,ここがこの富士峰園地で最も高い場所であるらしい。ここより御岳神社の参道に下り,舗装された参道に合流し,以後,その道を進む。急坂と階段をハアハア言いながら登り, 10:35御岳神社に着く。なお,神社の隋身門は工事中のため,やや遠回りする必要があった。しかしながら,相変わらず曇りであり,また,本日は人の数が多く,これではハイキング気分にならないので,ロックガーデンには行かないこととし,すぐに鳩ノ巣駅への道を進むことにする。

 10:46ここを発ち,すこしケーブルカー駅の方に戻り,10:48嶺雲荘の所で,道標に従い左折して,杉林の中の鳩ノ巣駅へ道を進む。やっと人がいなくなってホツとする。先程の状態ではまるで都会にいるようで,落ち着かない。時々ブナ林もあるスギ林の中の道をドンドン下る。心地好い風が吹いている心地良い道である。

 11:35大楢峠に着く。更に進み,12:07越沢のバットレスの岩が見える場所を過ぎ,12:23舗装道路に出る。更に,進み,12:30橋の所に着く。この橋から下の川の写真を十分に撮った後,12:42ここを出発し,12:44鳩ノ巣駅に着く。

 12:59発青梅行列車はガラガラである。この列車は川側がボックス席,山側がロングシートとなっている観光列車の一種である。勿論,ボックス席に座る。13:30青梅駅に着き,ホーム反対側に停まっている13:31発東京行特別快速列車に乗り,14:30新宿駅に着く。家に帰るにはまだ早いので,御茶の水駅近くの中古レコード店と秋葉原に寄ることにする。

 本日は期待した青空とはならなかった上,JRの募集したハイキングとも重なってしまい,その上,散々,レンゲショウマはあまり写真的には期待できないものでしたが,それでも,御岳山から鳩ノ巣駅までの山道は楽しく歩くことができました。なお,本日,持参したカメラは「京セラ:Finecam M400R」,「フジ:FinePix 4500」と言うデジカメ2台で,後者は接写に使用しました。前者を使い初めて3ケ月程になりますが,このカメラ,望遠にするとピントが合いにくいです。合っている筈なのにファインダーで見ると外れていますし。また,接写にも弱いです。ですから,接写は後者の方が遥かにいいです。

2004年 8月14日(土) 箱根

 2004. 8.14(土),天気がまあまあなのは本日までとのことで,本日も出かけてきました。場所は雑誌「新ハイキング2004. 8号」に書かれていた箱根です。この著者のルート通りの歩きです。渓流に沿った道なので,夏でもそれほど暑くはないようですし。

 7:10発箱根湯本行急行列車は定刻通りに発車するが,私の乗っている先頭車両の乗客数はたった9名である。空は青空ではあるが,もやがかかった感じの白っぽさ白である。しばらくは駅に停まることに乗客が増え,座席の7割程度が埋まる。秦野駅を過ぎると,丹沢の山々が霞んで見える。8:37小田原駅に着く。小田原駅に下りたのは久しぶりであったが,あまりの変わりように驚く。まるで品川駅のような雰囲気になっている。駅にコンビニに寄った後,箱根登山鉄道に乗るが,ホームがわかりにくい。昔の京都駅の山陰線ホームのように,普通のホームとは離れた所というか,普通のホームの延長線上に別ホームを作っている。

 8:54発強羅行列車は3両編成だが,座席の9割程が埋まっている状態で発車する。湯本駅を過ぎると急に登りため,車両は角度が付くようになる。それにしれもトンネルが多い。また,塔ノ沢駅と大平台駅の間,大平台駅と宮の平駅の間では,「スイッチバック式と」とうか,列車の進行方向が逆になって,ジグザクになって進む。勿論,この際,運転手と車掌が入れ替わるための小さなホームを持った信号所がある。私は,JR篠ノ井線(中央本線)にて,スイッチバック式での駅は知っていたが,それは駅に停まる為であり,このようにスイッチバックにより,ジグザグに登るのは初めてであった。9:35小涌谷駅に着く。

 9:40ここを発ち,駅より道路を左に進むとすぐに道標があったので,それに従って舗装はしてあるが,やや狭い道を進む。9:43道標があり,それに従って左折すると,林の中の道となる。9:44左折するが,これより土の道となる。セミの鳴き声を聴きながら歩いていると,沢の水音が聞こえるようになり,また,先程より,直射日光が当たらないせいもあり,涼しく感じる。

 9:52「線条の滝」に着く。すぐ上当たりから水が湧き出しているのであろうか。「白糸の滝」の滝のような感じで,高さ2m強の所から水が筋状に幅広く落ちている。ここは暗いので,ブレないように木にカメラを押しつけての撮影である。あ,カメラであるが,昨日と同様に,デジカメ「京セラ:Finecam M400R」とフィルム式カメラ「フジ:Krasse」の2台である。

 ここで十分に撮影後, 10:10滝前の木橋を渡ってすぐに右折する。ここより,山道になる。すぐに浅間山方面との分岐になるが,左折せずにそのまま沢沿いの道を進む。しばらくすると沢から離れ,杉林の中の急な登り道となる。10:42再び,浅間山・湯本への分岐点を通るが,鷹ノ巣山方向への道をそのまま進む。すぐに鷹ノ巣林道の前に着く。更に3m程進むと鷹ノ巣林道となるがそこまでは行かない。ここ非常に紫陽花が多い。右折して少し進むと,すぐに鷹ノ巣林道を横切る。ここで休みとする。ここには数本の紅葉の木もあり,秋には期待できそうである。また,昨日も見た山ウド(?)の白い花も咲いている。

 10:55ここを発つが,すぐに「湯坂道」,すなわち,石だたみの急坂となる。苔むした石だたみの急な登り道である。しかしながら,これはすぐに終わり後は普通の登り坂となる。11:07ようやく平らになり,道の両側に紫陽花が植えられた道となる。紫陽花の花は勿論終わっているが,それでも,所々,まだ,咲いている花がある。

 11:10「鷹ノ巣城跡」,すなわち,鷹ノ巣山頂上に着く。それにしても,よくこんな場所に城を造ったものだと思う。昔の人は余程足腰が強かったのであろうか。ここよりは,駒ケ岳や神山がよく見える。

 11:13ここを発つ。直射日光の元のダラダラした下りである。11:29飛竜の滝への分岐点となり,道標に従って左に進むと,やっと杉林の中の日陰の下り道になる。11:34畑宿への分岐点を右に進むと,急な階段を下りとなる。水音が聞こえて来る。T字路を左折して更に階段を下りると,また,T字路となる(11:41)。この後は左折しなければならないのであるが,右折して進むと,川に出るので,橋を渡って川のほとりで昼食とする。

 12:01ここを発ち,12:02先程のT字路をそのまま進み,下って行くと, 12:05石だたみの下り坂となるが,それもすぐに終わり, 12:08「飛竜の滝」下のT字路に出る。右に曲がって橋を渡り,石段を登ると,滝のすぐ前に着く。上の方を川幅一杯の滝が落ちている。幅10m,高さ15m位であろうか。非常に涼しい感じである。ここでも十分に撮影する。

 12:20ここを発ち,12:23先程のT字路をそのまま進む。川沿いの急な道である。先程より,外側が白,中が薄紫色の額紫陽花の花が目立つ。更に下り,12:36橋を渡ると12:40舗装道路となる。12:34「畑宿夫婦桜」を過ぎる。

 12:57右折して,箱根旧街道に。杉林の中の下りの苔むした石だたみ道である。橋を渡ると登り道となり,舗装道路に出るが(13:08),すぐに左折して(13:09)石だたみの道となる。12:15舗装道路に出るが,それを横断して,発電所の方に下る道を進み,13:18吊橋を渡る,吊橋から上流方向には,2段となった堰が見える。ここより,川沿いの杉林の中の下り道である。13:28舗装道路に出るが,すぐの所が鎖雲寺である。ここより,この舗装道路をドンドン下る。13:43金と朱色の漆できらびやかに塗られた「天聖院」を過ぎ, 14:05双体道祖神の撮影を行い,更に下る。

 14:12早雲寺に着く。ここはもっと華やかなお寺かと思っていたが,そうではなく,「質実剛健」と言った感じである。しかしながら,本堂とコリの後にある庭が,禅宗らしい感じで中々良い。また,形の良い石仏もある。

 14:30ここを発ち,更に下って,14:39橋を渡って左折し,川沿いの道を 250m程進むと,14:42箱根湯本駅に着く。

 ここより,14:56発新宿行急行列車に乗り,16:47新宿駅に戻る。まだ,家に帰るには早すぎるので,タワーレコード等に寄る。

 本日は一応「晴れ」との予報でしたが,思っていた通り,完全な青空状態ではありませんでした。それで,箱根の滝の写真をと言うことで行ったわけですが,期待していたより遥かに素晴らしい滝だったので,大満足です。これで,思ったような写真が撮れていたらいいのですが。

2004年 8月13日(金) 大菩薩峠

 2004. 8.13(金),本日より8/17(火)までが会社の夏休みであるが,1週間前から一昨日までの天気予報によると,本日はまあまあだが,その後は曇りとの予報であったので,結局,泊まりこみの旅行は止め,5日間で2,3回の日帰りの旅行をすることにする。本当は

(1)初日は那須の茶臼岳,2日目は会津磐梯山,3日目は安達太良山で,泊まりは郡山

(2)初日は湯田中,2日目は ,3日目は黒姫 で,泊まりは長野

等を考えており,インターネット上の「旅の窓口」にて予約直前まで行ったのだが,天気のことで踏ん切りがつなず,結局,昨日になり,最終的に,初日は「大菩薩峠」に行くことにしたと言う訳である。実は私は現在,インターネット上にある「青空文庫」により,「中里介山著:大菩薩峠」を読んでいるところであると言うこともある。天気予報によると,本日は「晴れ」,明日は「晴れ後曇り」,8/15(日)は「曇り後雨」と言うことであるので,できれば,明日は「箱根」に行きたいのであるが,筋肉バンバンの状態だったら,1日家にいることになるかもしれない。残りの日は,招待券を持っているのでサントリー美術館,そして,再度,伊東に行き,先日行けなかった七福神の内の1寺等に行きたいと思っている。

 新宿駅5:53発高尾行列車に乗り,6:30立川駅に着く。空は「晴れ」と言うより「曇り」状態である。もやみたいな中にうっすらと太陽が見える。そして,6:46発甲府行普通列車に乗る。先程の列車は徹夜で遊んでいた人達で満席状態であったが(大柄だが,可愛らしい感じの若い異人女性が新宿から立川駅近くまで乗っていました),さすがにこの列車では座席の半分位しか埋まっていない。列車はもやの薄日の中を走る。高尾駅で満席になる。相模湖駅と藤野駅のトンネルがとぎれた所で見える谷に入った相模湖,そして,藤野駅を過ぎてからの河岸段丘と山々は私が好きな景色の1つである。8:12塩山駅に着く。

 全体的にもやっていはいるが,それでも暑い夏の太陽の状態である。まずは,観光案内所で大菩薩峠の案内地図をもらってから,先日,来た時に見つけた駅から400m程離れた再開発区域内にあるコンビニに行き,昼食を購入する。そして,駅に戻り,バスの出発時間までの時間を「ミッキー・スピレイン著:ガール・ハンター」を読んでつぶす。

 9:25発大菩薩峠登山口行バスは5分遅れで,25名程の乗客を乗せて出発する。西沢渓谷行バスを含めて,やはり,旧盆の休みでここに来る人は多いようで,いずれのバス停にも先日来た時の3倍以上の人が待っていた。車窓より,モモの実のほか,コスモスの花も見える。ここで不思議なことが。このバスは整理券方式の筈なのだが,最初のバス停は勿論,途中のバス停でも整理券は取らないで下さいと言っている上,料金板の表示がいつまでたっても「無券:10」のままなのである。ううん,まさか,10円と言うことはないだろうから100円なんだと思うのだが,でも,時刻表には 510円と書かれていたし。そして,9:52終点の大菩薩峠登山口バス停に着くが,そのままである。1人の乗客が運転手に聞くと,「100円」との答え!! ううん,確かに「100円バス」と言うのは聞いたことが,ここがそうとは思わなかった! 運転手に「どうも」と言って料金箱に100円を入れて下りる。

 天気は先程より更に良くなっており,白っぽい青空だが快晴状態である。舗装道路を歩き始める。ヒマワリやススキ,あるいは小さな黄色い花等があるので,撮影しながら歩く。あ,本日のカメラは。メインがデジカメ「京セラ:Finecam M400R」,サブがフィルム式カメラ「フジ:Crasse」である。

 10:13丸川峠分岐に出たので,ここで左折し,沢沿いの涼しい古い林道を登る。木陰の道なので,直射日光はあたらない。10:31古い林道が終わって,急に右折し山道となる。尾根伝いの急坂で,明るいブナ林の中の道である。あまりの急坂に歩いては休んで繰り返しで,ともかく,「ハアハア」,「きつい,きつい」である。多数のセミが鳴いている。11:25一時的に沢音が聞こえたが,それも聞こえなくなる。 11:50ようやく急坂は終わり,平らな道となる。道の両側お花畑がある筈であるが,今の時期ではほぼ終了状態で,今が盛りなのは,山ウドか線香花火みたいな形で色は白の花と,ススキだけと言っても良い状態である。しかしながら,これらは十分にあり,また,一部,小さな黄色い花等も咲いているので,十分に撮影する。なお,ちょうど,白っぽい青空ではなく,濃い色の青空も見えている状態になっている。背景の緑の山も勿論,入れて撮影する。そして, 12:00丸川峠に着く。

 ここで昼食とする。先程,コンビニで買ったおにぎり等を食べる。なお,この峠には2体の石仏が安置してあるので,それも撮影する。 12:15ここを発ち,大菩薩峠への道を進む(先程の道より右折する)。さすがにここら辺までくると,空気はやや冷んやりした感じになっている。ブナ林の中のダラダラしたのぼり坂である。途中より,湿度が高い場所なのか,苔とシダが多数生えている所が続く。山の天気は変わりやすいが,もう青空は全く見えず,ややガスっている状態である。

 13:30大菩薩嶺に着くが,ここは2056mと言うだけで,周りの木のために展望はない。その上,曇り状態のままであり,すぐに,大菩薩峠の方に進む。ここからは下りとなる。13:40雷岩に着く。ここより,「稜線上の万歩」となる。空は白っぽいが,青空状態で,遠くには霞んではいるが,富士山が見える。また,ここのお花畑は,丸山峠よりは高度が高いためだと思うが,今が盛りで,小さな白い花のほか,黄色い花,紫色の花も咲いている。また,勿論,ススキもある。遠くは霞んでいる状態であるし,空も白っぽい状態なので,緑の木や草原を背景になるように構図に注意しながら,ドンドン撮影する。また,一部青空が見える所もあるので,勿論,それも撮影する。お花畑は神部岩を過ぎた当たりで終わりとなるが,稜線万歩はまだ続く。14:20中里介山の塔を過ぎ,やや登った所が大菩薩峠である(14:24)。

 ここより,土のジープ道を下り,14:47舗装道路に出る。15:05上日川峠に着く。ここより,登山道に入るが,ブナ林の中の短調な下り道である。登りの時にも見掛けた紫色の釣りがね型の花があったので,撮影する。15:56舗装道路に出るが16:01登山道にまた入り,16:06舗装道路に出る。そして,そこには何と「熊出没注意」と書かれた黄色く塗られた棒杭がある! ううん,そういうことだったら,バス停にも表示しておいて欲しかったと思う。そして,朝に丸川峠に向かった分岐を通り(16:08),16:26大菩薩峠登山口バス停に戻る。

 16:47発塩山行バスに乗ったのはたった6名であったが,途中で2名が乗り,その後は乗降客が無く,17:09塩山に着く。以前は 510円もかかっていたのを 100円にしたのは市か町の老人福祉政策の為と思うが,この乗客数では失敗だと思う。8名の内,7名までが登山客であり,これでは町の福祉には関係ないからだ。

 17:22発立川行普通列車は17:11に入線したので早速乗る。再後尾の車両ではワンボックスが空いていたので,座る。18:59立川駅に着く。そして,19:01発東京行快速列車にて,19:41新宿に戻る。

 本日は,大菩薩峠付近では残念ながらもやっている上,白っぽい青空状態でしたが,それでもお花畑の写真は撮れましたし,また,霞んではいましたが,富士山も見ることができたので,成功と言うべきだと思います。

2004年 7月31日(土) 袋田の滝

 2004. 7.31(土),太平洋上の台風がチンタラ進んでいるために,数日前の天気予報が大幅に外れ,台風の余波により,「曇り時々雨,午後は時々晴れ」との予報でしたが,台風と離れる方向に行けば(台風は,昨日は伊豆七島のあたり,本日は四国に上陸かと言う状態です),そこに着く頃はかなり晴れるのではと言う事を期待して,また,例え,曇り状態でも,青空が入らなければどうにかなるとのことで,茨城県の「袋田の滝」に行くことにしました。本当は,中央線富士見駅より,入笠山に行きたかったのですが,まあ,それは来週と言うことにしようと思います。

 7:02上野発高萩行普通列車は,車内清掃していたため,7時直前にようやく乗れる。そして,座席の 2/3弱が埋まった状態で定刻通りに発車する。この列車は,ボックス席がある車両とロングシートのみの車両があったので,勿論,前者に乗る。これから2時間強,この列車に乗り続けるのでボックス席の方が楽だし,旅行気分が味わえるからだ。空は基本的には曇り空で,厚そうな雲であるが,所々,雲が切れて青空が見える状態で,直射日光が射すこともある。窓から直射日光が射されるのは嫌なので,進行方向左側の窓際の席に座り,MDプレーヤーで,「マーラー:大地の歌」を聴きながら,ぼんやりと車外の景色を眺める。

 利根川を越えると茨城県である。田んぼに白い鳥が1匹いる。千葉県内は空が暗かったが,ここまで繰ると,雲は薄くなり,直射日光が照っている。土浦駅近くになると,筑波山か加波山かわからないが,左方向に山が見える。土浦駅で前4両の切り離しが行われるため,5分停車する。

 土浦駅を過ぎてしばらくすると,幾つものハスの畑があり,そこには多数の白い花が咲いている。そして,時々,ピンクの花も咲いている。しかしながら,先程とは異なり,再び,厚手の雲により覆われた曇り状態になっている。しかしながら,それでも時々尖った2つの峯がある筑波山が見える。そして,9:09ようやく水戸駅に着く。

 空は相変わらず曇り状態である。ここで,9:23発郡山行普通列車に乗り替える。4両編成で,各車両の中央部は4人用ボックス席と2人用ボックス席,前後はロングシートとなっている。4両とも座席の2/3程度は埋まっている。また,ドアは勿論,自動ではなく,押しボタンを押して開ける形式である。1時間弱すると,既に線路の両側には低い山々があり,すぐ側を川(久慈川)が見えてくる。この先の方が袋田の滝であろう。鮎釣りをしている人達が結構いる。この川に沿って列車は走る。

 袋田駅の1つ前の上小川駅に着くと,何と雨が降って来た!! ううん,間違いなく通り雨ではあるが,しかしながら,10:32に袋田駅に着いても雨は止んでいない。でも,太子町が運営している無料バスがあり,10:40発に乗り(非常に綺麗なバスなのに,乗っているのは全部でたった8名),10:47袋田の滝バス停に着く。「どうも」と運転手さんに言って,外に出る。それにしても,これだけ綺麗なバスなのに,乗客が8名とは寂しい。

 先程の雨は止んで青空状態になり,強烈な太陽が射している。肌が痛い。滝はここから10分程の所とのことで,道端の花を撮影しながら歩く。10:50滝見台の入口に着いたので,入場料 300円を払って入る。長いトンネルで,途中に展望台(紅葉の時はいいのかもしれないが,現在は見る価値無し),吊橋に行くが分かれ,そして,その奥,すなわち,入口より200m程行った所が滝見台である。しかしながら,ここは滝の正面であるが,この滝は幅が広い上,この滝見台が滝にあまりに近いので,本日持って来たデジカメ「京セラ:Finecam M400R」やフィルム式カメラ「リコー:R1S」 では,滝全体は写らない。おそらく焦点距離が18mm位のレンズがなければダメではないだろうか。そのため,部分,部分を狙って撮影する。この頃より,雲の動きが激しくなり,直射日光が当たったり,遮られたりするので,当たっている時にドンドン撮影する。夏場のためか,滝の水の量はそれほど多くはなく,上部では脇だけしか滝状になっていない(勿論,下部は「すだれ状態」で流れています)。ここに来たのはこれで3回目だが(1回目は会社の課内旅行で,2度目は郡山に行く途中で下車してでした),何やかんや言っても,素晴らしい滝だと思う。今までは秋と夏しか行ったことはないが,次は冬の滝が凍った時に来てみたいと思う。

 十分に撮った後,今度は先程の吊橋の所に行く。こちらは滝見台より離れているせいか,斜めながら袋田の滝の下半分が見える。こちらからだと,私の持っているカメラでも十分に入る。ここの特長は吊橋のそばの木を入れての撮影が可能なことで,もし,秋に来たら紅葉になっているのではと思う木を入れて撮影する。

 その後,吊橋を渡ると,上に登る鉄の階段があり,「自然研究路」と書かれている(11:30)。ここも前に来たことがあるが,確か,上から滝の上を見ることができるので,そこまで行くことにする。急な鉄の階段を嫌と思う程登り,更に,石の階段を登ると,フウフウ言いながら登ると,11:39滝の上を見る場所に出る。道はまだ続いているがここで終りとする。ここから見る滝は,単なる「広い川」と言った趣きで,知らなければ,このすぐ下が滝とは思えないものである。記念にここでも何カットか撮る。

 ここより登って来た階段を注意しながら下り,そして,先程のトンネルとは反対側の川沿い道を下り,途中の花の撮影しながら,12:04先程の袋田の滝バス停に戻る。なお,滝付近の土産物屋の中に,2階部分に農家の農耕機具等が飾られている家があった。

 12:14発袋田駅行無料バスは8名で発車し,12:20袋田駅に着く。そして,12:38発水戸行普通列車(2両で,座席の1/3程度が埋まっている状態でしたが,水戸駅に近くなってからは,かなりの人が立っている状態になりました)に乗り,先程と同様にまずは久慈川を見ながら走り,その後の田んぼには2羽の白い鳥を見て,13:48水戸駅に着く。13:55発上野行普通列車の先頭車両は残念ながらロングシートであった。後ろの方に行くとボックス席のある車両が連結されているかもしれないが,とりあえず,ドア付近の肘掛けがある席に座れたので,それで善とする。途中,青空状態となり,強烈な太陽が射した状態だったが,東京に近づくにつれて雲が多くなったが, 16:02に上野駅に着いた時は,また,太陽が出て来た。なお,列車は取手駅あたりから人が乗るようになってきて,北千住駅では座席がほぼ埋まった状態になった。

 本日は,袋田駅に着いたら雨と言う状態でしたが,考えてもみなかった無料バスで,袋田の滝近くのバス停まで行くことができ(歩くと,50分程度必要),また,帰りもバスに乗れたので,現地にいる時間は2時間と予定の3時間半より1.5時間も早く,予定より1本早い列車で帰ることができました。また,雨も袋田の滝バス停まで着いたら止んで太陽がカンカン照り状態でしたし,その後は,雲の動きは激しいながらも青空が入る写真を撮ることができましたし。と言うことで,台風の影響を考慮してここまで来た甲斐がありました。

2004年 7月24日(土) 西沢渓谷

 2004. 7.24(土),例年通りに「青春18切符」を使って,「西沢渓谷」に行ってきました。

 朝,5時過ぎに目が覚めたら,外は完全に曇りである。これは昨日に見た東京地方の天気予報通りであるし,その天気予報では山梨県は「晴れ」であったし,本日は,私にとっては「青春18切符」を使える初日であるので(と言っても,明日の予定である「映画館」に行っても良いのであるが),本日は出かけることにする。

 6:00新宿駅発高尾行列車に乗る。立川駅にて,6:43発甲府行普通列車が待っていたが,そのまま乗り続け,6:57に高尾駅に着く。天気予報が当たっているのか,立川駅あたりより,薄日が射して来た。しかしながら,まだまだ,全天が雲で覆われている状態である。ここでは,先程の立川駅に停っていた列車,すなわち,高尾駅7:03発甲府行普通列車や7:25発小淵沢行普通列車にも乗ることができるが,早く着いても,結局,同じバスにしか乗れないので,とりあえず,7:14発大月行普通列車に乗る。各ボックス席に,1,2名が座っている程度の乗客数である。

 列車は2分遅れで発車する。この高尾駅から上野原駅までは私の好きな車窓風景である。まずは高尾山の深い緑,そして,相模湖の青い水,そして,河岸段丘。本は読まずに,MDプレーヤーにて,「ベートーベン:交響曲第9番」(メンゲルベルク指揮コンセルトヘボウO.)を聴きながら,車窓からの風景を楽しむ。相模湖駅ではあたりがかなりもやっている。7:49大月駅に着く。ここも,薄日は射しているが,空気はもやっている状態である。8:18発小淵沢行普通列車に乗る。こちらも,ボックス席に1,2名の状態である。笹子トンネルを抜けると,甲府盆地を見下ろしながら列車は下り(残念ながら,こちらももやっている状態),勝沼ぶどう郷駅を通り,塩山駅に8:47に着く。昼食にと思って駅周辺を歩くが,コンビニは見つからない。ううん,ここら辺の人達はコンビニが必要ないのであろうか(バスに乗ってからわかったのだが,道路工事をしている先,すなわち,1停留所先のところに1軒ありました。すなわち,駅前のバス停側より,右手方向に 線路と平行に300m程進んだ所です)。バス停側との反対側出口のすぐ前には,「甘草屋敷」があり,茅茸き屋根の大きく立派な家なので,勿論,撮影する。また,駅前には平成になって作られた石の道祖神があるので,それも撮影する。あ,本日は,デジカメ「京セラ:Finecam M400R」とフィルム式カメラ「コニカ:ビッグミニ 201」の2台である。主に10倍ズームの付いたデジカメで撮影を行い,コニカは24枚撮りのプリント用フィルムである。

 8:31発西沢渓谷入口行バスに乗り(乗客は全部で7名),ロック式ダムの広瀬湖を過ぎると,9:19西沢渓谷入口バス停に着く。

 かなり強い太陽の光も元,舗装してある林道を歩き始める。すぐに国道 140号線の高架をくぐり,左下に川を見ながら歩く。暑いので,なるべく,木陰を歩く。10:34吊橋(ねとり橋)と休憩舎がある。吊橋は渡らずにそのまま進む。道は少し前より,土の道になっている。10:38甲武信岳方向に行く戸渡尾根との分岐, 10:40ヌクボ沢を渡り,10:42西沢山荘前を過ぎると,道は細くなり,ようやく山道になる。結構長い二俣吊橋を渡ると,ここより,西沢渓谷となる。

 まずは,対岸に「大久保の滝」が見える。そして,急な階段を登り,しばらく進むと,「三重の滝」となる。深い緑をたたえた立方体の深みが素晴らしい。勿論,幅の広い滝も白くて美しいが。11:20先程より曇ってきた。写真を撮ろうとしても,直射日光が当たっていない時があるので,太陽の光を待つ必要がある時がある。人面洞,竜神の滝,恋糸の滝と順次撮影しながら進む。

 11:43木製の方杖橋を渡って急坂を登ると「七つ釜五段の滝」の前に着く。一番下の滝は良く見えるが,最初の方のは見えない。しかしながら,そこから先に進むと,「釜」の方も見える。青い水が美しい。ビックミニの方は26枚撮影して終了となる。更に進んで, 12:00滝の上に着いたので,そこで終わりとし,昼食を食べる。残念ながら,コンビニに寄れなかったので,クラッカーである。

 12:35ここを発ち,来た道を戻る。昼食中より,また,太陽の光が戻ってきたので,再度,撮影しながらの戻りである。ここは以前は一方通行であったが,現在は昔のように人だらけと言うことはなく,土曜日なのにこんなに寂しいのかと言いたくなるほどの人の少なさなので,逆行して下っても,何の問題もない。方杖橋の所で,デジカメの電池が無くなる。211枚撮影したことになる。これだけ電池が保ったのは初めてである。いつもは 150枚程度でなくなるのであるが,やはり,直前まで電池を充電していたのが良いようだ。電池を交換して,再度,撮影開始する。空は白っぽいが青空状態になっている。撮影をしながら歩き,13:33二俣吊り橋,13:45休憩舎に着く。バス停に行ってもしょうがないので,ここで休憩とし,14:10ここを発ち, 14:24西沢渓谷入口バス停に戻る。結局,本日はデジカメは256MB満杯の270枚の撮影をして終了となる。

 14:35発塩山行きバスは,運転手が途中の停留所で乗客がいないので早くついてしまうために,遅れて発車しますとのことで,5分遅れの14:40に7名の乗客を乗せて発車する。そして,順調に走り,予定より1分早い15:32に塩山駅バス停に着く。15:51発立川行普通列車にて17:21に着く。この列車は当初はガラガラであったが,東京に近づくにつれ客の数は増え,かなりの人が立っている状態になる。立川駅にて15:22発新宿行特別快速列車に乗り替えるが,こちらも非常に混んでいて,途中から座ることができる。 17:48新宿駅に着く。

 本日は,渓谷と言う青空でなくても写真を撮るのには支障がない場所での撮影だった上,天気は白っぽい青空ながら,「晴れ時々曇り」と言う状態で,デジカメでの撮影も今回購入以来初めてメモリカード満杯の撮影と言う状態でしたので,大満足な1日でした。

前ページ matsumoの旅日記目次 Home 次ページ