行,旅日記,高尾山,城山,鎌倉,matsumo,matsumo2,matsumoto,matumoto
Japanese Only
前ページ matsumoの旅日記目次 Home 次ページ

matsumoの旅日記(63)

初回:2011. 6.30
2010年 4月25日(日) 高尾山〜城山

 2010. 4.25(日),本日は天気予報が当たり,朝から青空状態です。と言うことで,本日は予定通りに,「高尾山」に行ってきました。すなわち,京王線・新宿駅7:50発高尾山口行特急に乗り,8:43「高尾山口駅」着。車内にはハイキング姿の人が多数乗っていました。「聖蹟桜ヶ丘駅」と「めじろ台駅」近くでは,やや霞んではいましたが,富士山が見えました。私が乗っていた車両では,「高尾駅」にて20名程が下り,結局,終点の「高尾山口駅」まで乗っていたのは20名程でした。

 8:45ここを発ち,ケーブルカー駅の脇を通って進みます。花が咲いているので,撮影します。1ケ所七福神等の石仏が多数ある所を過ぎ,「琵琶滝」への分岐点をそのまま真っすぐ進むと,8:58山道に入ります。すぐに小さなお地蔵様と水の流れがあり,それを渡って進みます。新緑が綺麗です。9:02琵琶滝からの道と合わさり,更に進むと,9:18「かすみ台遊園地」に着きました。いつもはここから光っている海が見えるのですが,本日はやはり靄っているのか,残念ながら見えません。

 9:21ここを発って進むと,9:24「浄心門」をくぐって,「薬王院」の境内に入ります。途中,「ミツバツツジ」が咲いていました。長い石段(108段)を一気に登り,9:31大きな山門(「四天王門」)をくぐり,そして,石段を登ると,「大本堂」ですが,その直前,太鼓をたたく音がし,庫裏(「大本坊」)の方から法螺貝の音がし,山伏2名,そして,その後ろには3名程の僧侶が列を作って進んできます(9:35)。後ろから2番目の僧侶が住職でしょうか,赤い傘をさしかけられています。しかしながら,私の前には人がおり,また,短い距離をあっと言う間に過ぎ,大本堂の裏口に入ってしまったので,写真は撮れませんでした。折角だったら,境内を一巡して,善光寺みたく「お数珠頂戴」をやって欲しいと思いました。どうやら,9:40頃から勤行が始まるようですので,次回は,その前に着いて,少し待って撮影したいものです。更に石段を登って,「本社飯綱権現堂」に行きますが,石段の側の,秋には紅葉している木が今は新緑です。更に石段を登ると,ミツバツツジがほぼ満開に咲いていて,「不動堂」に着きました。9:38境内を出て,更に進むと,9:46「高尾山」頂上に着きました。ここの桜はかなり盛りを過ぎています。また,展望台に行きましたが,残念ながら,富士山には雲がかかってしまい,ほとんど見えない状態です。

 9:49ここより,「紅葉台」に向かって石段を下ります。少し進むと,ここでも桜が咲いています。階段を下りきって少し登り返し,9:54「紅葉台」に着きましたが,やはり,ここも桜はかなり盛りを過ぎています。更に進み,以前より見晴らしの良い場所の桜を撮影,更に下ると,右側に「ミツバツツジ」の群落がありますが,残念ながら,盛りを過ぎたのか,綺麗な部分は少ないです。ここより更に下ると,まあまあの状態の桜がありました。下りきって,今度は登り始めるのですが,「一丁平」直前の二股路を右の低い道を進むと,すぐにまた,右側に「ミツバツツジ」の群落があります(10:00)。そして,僅かに進むと左側にもう1つ,群落があり(10:06),ここが最も咲いていました。ここより,この道より離れて,先程分かれた高い方の道に出て,進むと,10:22「一丁平」に着きましたが,ここの桜も終わりに近い状態です。ここにも展望台があるのですが,富士山は相変わらず見えません。咲いている桜を選び,また,この当たりには白樺の木があるので,それと共に撮影します。10:27更に,「城山」方向に進み,10:40城山に着きました。

 頂上付近の桜はまあまあの状態ですが,薄紫色の木蓮が満開です。また,ここの斜面には花壇があり,黄色い水仙,ミツバツツジ等が満開です。「津久井湖」に面した所に植えられている10本以上の花桃は白,ピンク,赤といずれも満開で,まさに桃源郷と言う感じです。本日はここで終わりです。今の時間でしたら,「小仏峠」は勿論,「景信山」あるいは「陣馬山」まで行くのは可能ですが,青空ではありますが,富士山は見えないし,桜はほぼ終りですので,これで十分です。

 11:00ここを発ち,「日影林道」を下ります。この道はいつもあまり人が通らないのですが,本日は花の撮影を目的としている人が多いのでしょうか,登ってくる人も下る人も結構います。先程通った一丁平でしょうか,山頂付近に桜が咲いているのが見えます。この道はしばらく進むと,沢沿いの道となるのですが,新緑が綺麗です。11:52道路に出,民家の庭の花を撮影しながら更に進み,12:46高尾駅に着きました。

 そして,12:55発新宿駅行準特急に乗り,13:43新宿駅に戻りました。

 本日は青空でしたが,行きの電車内以外に富士山が見えなかったのは残念でしたが,さわやかな空気の下で,久しぶりに山道を歩けましたし,また,ミツバツツジの花が見られたので,まあまあだったと思います。

2010年 4月 8日(木) 鎌倉

 2010. 4. 8(木),本日は珍しくも天気予報が当たり,もやってはいますが,朝から青空状態になったので,久しぶりに「鎌倉」に「海棠」の撮影に行ってきました。すなわち,東京駅8:10発熱海行列車に乗りましたが,列車はかなり混んだ状態で発車し,新橋駅のホーム途中で緊急無線警報があったとの理由で停止してしまいました。しかしながら,3分程で発車し,横浜駅で多数の客が降りてようやく空きました。途中,車窓からは沿線伝いに咲いている桜の花がよく見え,8:49戸塚駅着きました。そして,8:59発逗子行列車に乗り,9:11ようやく鎌倉駅に着きました。

 本日の目的は海棠の花ですので,まずは,9:30に開門する「海蔵寺」です。線路伝いの道を北鎌倉駅方向に戻り,左折してしばらく進むと,海蔵寺です。いつもより1分早く開門しましたので,早速,中に入り,お賽銭を上げた後,撮影です。「海棠」の木は,思った通りに今が盛りの満開です。ここは茅葺き屋根の庫裡を背景に,また,色々と構図を変えながら撮影します。しかしながら,こちらの天気は朝方の都内より悪く,時々,雲が太陽を覆う状態です。このため,直射日光が当たった時にシャッターを押します。本日(4/8)はお釈迦様の誕生日で,「花祭り」の日ですので,花飾りが本堂前に置かれています。本堂左のヤグラの前には,黄色い山吹の花が満開です。そして,裏山の頂上付近には「山桜」が咲いていますので,それを背景にします。このほか,境内には,「ユキヤナギ」も咲いていました。十分に撮影後,来た道を忠実にたどって,10:08鎌倉駅に戻りました。

 鎌倉駅・江ノ島電鉄のホームに行き,10:12発藤沢行列車に乗りますが,2両編成のこともあり,通勤電車なみの混み方です。10:17長谷駅にて降り,「光則寺」に行きます。天候は完全に回復して,空は青空状態です。ここの海棠の木は,門のすぐそば,そして,本堂の左右にあります。本堂に向かって右の海棠は,鎌倉市の天然記念物で,一時期,勢いがなくなっていましたが,回復して,今年は特に見事です。ここで,これほど見事な状態は,本当に久しぶりです。そして,ここも本堂前に「花祭り」の飾りが置かれています。十分に撮影した後,長谷駅に戻り,10:53長谷駅発鎌倉駅列車はに乗り,10:58鎌倉駅に戻りました。

 鎌倉駅より駅すぐ近くの「大巧寺」に。ここの門の所にある桃の木は,今年も紅白の花を付けています。門を出て右折し,「本覚寺」の所を左折した後,少し進んで「妙本寺」に行きます。大きな山門の前には,「花祭り」の飾りがありました。本堂前にある海棠の木はいずれも満開です。特に,本堂に向かって左側にある2本は2本が極めて近い位置にあることもあり,非常に綺麗です。ここで十分に撮影して,門より出ました。

 「妙本寺」を出てすぐに左折して進み,「常栄寺」に行きます。境内のほぼ白の桜の木は満開です。更に進み,「八雲神社」を過ぎて広い道路に出たら左折し,「安養院」を過ぎて更に進んだ突き当たりが「安国論寺」です。門を入った所のミツバツツジは満開です。ここもかっては素晴らしい海棠の木があったのですが,数年前に台風で痛めた状態で,いろいろと手立てをしているようですが,今年も,全く回復していません。しかしながら,それでも,本堂前の桃の花や,お堂の前の桃の花は相変わらず綺麗です。それにしても,ここの海棠,大昔は綺麗だったのですが,その状態に戻らないのが全く残念です。

 「安国論寺」を出た後は,来た道を戻り,「本覚寺」の境内の「海棠」の木を鐘突堂を背景に撮影します。そして,鎌倉駅に戻り,構内を通って,今度は,「銭洗弁天」の方向に進み,弁天前を通って,「源氏山公園」に行きます。白っぽい感じの桜が満開です。源頼朝像です。何と,頼朝像から100m程離れた所にも「海棠」の木が2本あり,いずれも満開です。濃いピンク色の花が青空に映えます。ここより,「裏大仏ハイキングコース」に入り,大仏方向に進みますが,期待していた山桜は完全に終わりで,地面に沢山の花びらが落ちています。大仏のそばの道には下りず,更に進んで,道に出ると,道は曲がって南方向に進みます。途中に「大根」の花が咲いていました。更に南方向に進むと,「極楽寺」の裏口に着きました。ちょうど,「花祭り」の真っ最中で,境内には沢山の人がおり,甘茶もふるまわれていました。そして,13:45極楽寺駅に着きました。

 13:56発藤沢行列車は,ものすごく混んでいましたが,沢山の人を降ろしたので,座れました。そして,14:22藤沢駅に着き,JR藤沢駅14:26発東京行普通列車に乗り替え,15:18東京駅に戻りました。

 本日は,鎌倉に着いた時は一時期,雲が増え,太陽が雲で覆われましたが,その後は空全体が青空となり,撮影日和となりました。その上,海棠の木は,満開で最も良い状態で撮影することができると言うついていた日でした。

2010年 1月26日(火) 鎌倉

 2010. 1.26(火),昨日は白っぽい青空で午後からはやや雲が出てきましたが,夜になって強風が吹き荒れたせいか,本日の朝は昨日とは比較にならない程の青空となりました。北鎌倉の「明月院」ではほぼ満開との情報が,インターネット上の「鎌倉today」に書かれていたので,本日は「鎌倉」に「素心蝋梅」の花の撮影に行ってきました。

 東京駅8:10発熱海行列車に乗り,8:45戸塚駅着。すぐに8:46発久里浜行列車に乗り換え,8:55北鎌倉駅に着きました。途中,多摩川の鉄橋を渡っている時や,その後に雪を被ったが富士山が見えました。まずは,駅のホームから駅前の民家の「紅梅」の撮影です。駅を出て,見上げる形での紅梅です。青空に映えて綺麗です。ここより,線路伝いの道を大船駅方向に進み,短いトンネルをくぐってすぐに右折して,石段を上がると,裏山の展望の良い場所に出ます。ここより富士山が大きく見えます。ここより,南東方向に進むと,自然に「円覚寺」の境内に入りますが,思った通り,梅はほとんど咲いていません。門より出て,踏切を渡って「白鷺池」の所に行きますが,ここの「紅梅」はサッパリの状態です。左折し,「東慶時」に行きますが,門を入った所にある紅梅は,ようやく咲き始めたと言ったところでしょうか。しかしながら,この紅梅は年取ったせいか,以前の元気は無くなっています。

 ここより更に進み,いつも逆光で輝いて非常に綺麗ですが,まともな写真は撮れたことがない民家の前の「素心蝋梅」の前を通り,そして,綺麗な踏切を渡ってすぐに左折,そして,右折してしばらく進むと,本日の目的の「明月院」です。ここは今頃は9時半からしか入れないのですが,その2分後位に着きました。中に入って,早速,「素心蝋梅」の撮影です。それにしても,ここの素心蝋梅は背景を青空と竹林にすると,青空に映えて本当に綺麗です。ここの竹林も綺麗ですし。ここの本堂は2つの部屋に分けられていて,裏庭が見える方の部屋です。境内には「やぐら」もあり,仏像等が安置されていますが,これは壁面に彫られたもののようです。境内には素心蝋梅の木は何本もあるほか,花がとがっている形の「蝋梅」の木も1本のみあり,こちらも咲いていました。ここは本日の目的の場所だったので,境内を何回も回って,十分に撮影した後,ここを出て,先程の踏切の所に戻り,踏切を渡らず,「建長寺」方向に進みました。

 そして,「長安寺」の所を右折し(長安寺は中には入れませんが,門前の大きな石仏は中々良かったです),「亀ケ谷坂切通し」を通り(ここには数体の地蔵尊が彫られた横に細長い石がありました),踏切を渡って,「海蔵寺」に行きました。茅葺き屋根の庫裏です。境内には紅梅の木が2本植えられていますが,残念ながら,年を経る毎に元気が無くなっています。境内には,咲き始めた「福寿草」のほか,「水仙」の花も咲いています。本堂の奥には裏庭がありますが,残念ながら,脇から見られるだけです。境内には,お堂もあります。

 ここより,線路まで戻り,線路伝いの道を「寿福寺」まで行き,そのそばの踏切を渡って進み,「小町通り」に出たら左折し,すぐに右折すると,「鶴岡八幡宮」です。ここは残念ながら梅の花は咲いていないようなので,更に進むと,突き当たりが「寶戒寺」ですが,こちらも,梅の花はまだまだのようです。左折し,以下,「鎌倉宮」方向に進むと,「荏柄天神」です。ここには紅梅と白梅が植えられていますが,白梅はまだまだの状態ですが,紅梅はかなり咲いています。ここは「学問の神様」ですので,絵馬も沢山,奉納されています。

 ここより,「寶戒寺」に戻り,少し進んだ所を左折し,以下,道標に従って進むと,「東勝寺橋」です。この橋からの風景は,都会の川とは思えません。更に進むと,「東勝寺跡」に着き,そして,「祇園山ハイキングコース」の山道に入りますが,入口付近には「腹切やぐら」の洞窟があります。尾根伝いの道を30分ほど歩くと,「祇園山」の頂上らしい「見晴台」に着きます。ここからは鎌倉市内と共に,海が見えるほか,2体の首から上が無い石の地蔵尊が安置されています。僅かに戻って,左折して下ると,「八雲神社」の境内に出て,このハイキングコースは終了です。

 ここより,鎌倉駅に戻り,本日は終了としました。そして,鎌倉駅13:28発千葉行列車に乗り,14:23東京駅に戻りました。

 本日は終日,青空だった上,目的だった「明月院」の素心蝋梅の花を撮影できたので,大満足です。

前ページ matsumoの旅日記目次 Home 次ページ