映画,ビデオ,髪結いの亭主,エド・ウッド,L.A.コンヒデンシャル,アベンチャーズ,カストラート,スライディング・ドア,ブラス!,荒鷲の要塞,シティ・オブ・エンジェル,クリムゾン・タイド,プリティ・ウーマン,Lovers and Liars,パルプ・フィクション,普通じゃない,卒業,地上より永遠に,エクセス・バゲッジ,ハーフ・ア・チャンス,バットマン フォーエバー,わが恋は終わりぬ,matsumo,matsumo2,matsumoto,matumoto
Japanese Only
前ページ ビデオの感想目次 Home 次ページ

ビデオの感想(21)

初回:1999. 7.11
 私の趣味の1つに,ビデオで映画を観るということがあります。パソコン通信のNiftyserveには随分前から入っていましたが,ずうっとROM状態でした。しかしながら,1999年になってから映画フォーラム(FMOVIE)に書き込むようになり,常連の1人なりました。以下はFMOVIEに書き込みさせていただきましたものをまとめたものです。なお,これらは全てパソコン通信ネットの「東芝PC Net」(旧名:DynaBook Net),「東京BBS」及び「Back Net」に同じものを書き込ませていただいております。また,本当は再編成して,アイウエオ順に並べたかったのですが,とてもそこまで行う余裕がなかったので,書き込ませていただいた順になっております。

(1)髪結いの亭主[パトリス・ルコント監督](TV)

 ううん,それにしても,やはり,「髪結いの亭主」って,男の夢でしょうね。すなわち,働かないで自分の好きなことをするという意味で。勿論,映画に描かれていない部分,すなわち,掃除,洗濯,食事の支度等を誰がやったかということはともかくとしてですが。

 現実的なことからは,10年間も亭主に毎日見つめられていては,わずらわしくてしょうがなくなるような気がしますが(「ゴースト/ニューヨークの幻」を観た会社の同僚の女性が,「死んでからもあれだけまとわりつかれれば,わずらわしくてしょうがないわよ」と言っていました)。

 この映画の最後の方の結末は,老いに対する恐怖,すなわち,自分の若さがなくなることにより愛されなくなるという恐怖によるものだと思いました。これは,養老院,客の背中が曲がって来ているとの話,客による老化も話等,老いに関する話が幾つもでてきます。

 後,ちょっと気になったのはフランス人って若い女性と中年男との結婚が多いのかなあということです。この「髪結いの亭主」も亭主はかなりの歳みたく見えますし,エアニエル・ベアールが出演していた「優しく愛して」,「愛を弾く女」もそうですし,古くは「港のマリー」,「ヘッドライト」なんかもそうなのですが。一般論として,裕福な中年男性との結婚がフランスでは多いのかなあなんて考えてしまいます。


(2)エド・ウッド[ティム・バートン監督](TV)

 深夜TVにて放映されているので,録画して観ました。かなり新しい映画なんだと思いますが,白黒で,ノスタルジアを感じさせるものになっています。私は幸いにして(?),「史上最低の監督」に命名されたエド・ウッド監督の映画は観たことがありませんが,上記の映画は彼が監督になり,2,3本の映画を撮る青春映画です。

 観て思ったことは,彼は限られた予算内で映画を作ることにたけた人であったのだなあということで,映画を作るということに喜びを見い出す人だったのだなあということです。勿論,これはこの映画の中の話で実態は知りませんが。

 後,「女装好き」という設定も意表をついていて面白いですね。これで,よく人がついていったものだと感心しました,というより,異人達の間では金さえくれればどうってこともないのかも。

 処女作を低予算の6,7万ドルで作成ということですが,当時のレートの円に換算して2500万円程ですよね。当時の日本でしたら,高予算とはいいませんが,普通の映画の予算だったような気がします。ということは,当時でも米国の映画ってお金がかかっていたのですね。

(3)L.A.コンヒデンシャル[カーティス・ハンソン監督](DVD)

 DVDにて「L.A.コンヒデンシャル」をようやっと観ました。この映画は,私が好きな女優の1人のキム・ベイシンガーが出演しているのに,暗そうな話だし,また,キム・ベイシンガーがもう歳だからということで映画館には観に行きませんでした。しかしながら,niftyserveのFYOUGAの過去ログを読むとすごく評判がいいので,ようやっと購入して観たというわけです。

 感想ですが,ううん,本当にいいですねえ!! 話も面白いですし,キムも綺麗ですし。映画館の大画面で観なかったことが残念です。話は思った程暗くはなかったですし,キム・ベイシンガーが歳とったとはいえ,思ったほどひどくはなかったので大満足です。その上,犯人は私が思った通り,最初から何か怪しそうだなあという人だったし。ただ,ちょっと気にいらないのは,主人公の刑事ですね。あの言動や行動は私なんかはとても許せません。それに引き替え,副主人公の刑事は中々好人物でいいですね。おかげさまで,最後はホッとしました。

 肝心のキムですが,歳を感じる部分もかなりありますが,それでも着ている服がいいので,すごく魅力的です。特に,最初に現われる黒いフード付きのコートを着ている場面はすごく印象的ですし,また,彼女の家で着ている服もすごくいいですし。

 でも,全体からいえることは,キムはアカデミー助演女優賞をとる程の演技かなあということです。だって,この話はあの刑事が主役ですし,彼女の出番ってそんなに無かったと思いますし。確かに,最初にあらわれる場面は印象的でしたし,また,金髪の髪の毛が綺麗でしたが。

 ということで,ともかく,この映画も劇場で観なかったことを後悔した1本でした。

(4)アベンチャーズ[ジェレマイア・チェチック監督](DVD)

 映画館の予告編では観て,私の好きな女優の1人のウマ・サーマンが出演しているが,何か陰険そうな感じで,観に行く気はしないなあということで行かなかった「アベンチャーズ」[ジェレマイア・チェチック監督]ですが,先日,「ガダガ」をDVDで観てそれがあまりに素晴らしかったので,これも DVDにて観ました。

 ううん,非常におしゃれな映画ですね。SFだというのに主役の男は三つぞろえの背広に山高帽と長い傘,ユマ・サーマン演じる科学者も背中丸出しのツーピースというわけで,同じSFといっても,「ガダガ」とは全く違う世界ですし(「ガダガ」の方が遥かに重たいですね),「2001年宇宙への旅」や「バーバレラ」とかとも違いますし,また,米国風の単に舞台を未来に移しただけの米国製SF西部劇とは異なりますし。ともかく,話が非常に軽いので,ドキドキしないで観られたのが一番良かったです。

 ともかく予告編だともっと陰険な映画のように見えたのですが, DVDで観ると全くといっていいほど軽くおしゃれな映画でした。これは舞台設定を21世紀にしているにもかかわらず,着ているものや建物を1950年代あたりの設定しているためだと思います。

 さて,肝心なユマ・サーマンですが,これがまたいいのですね。彼女は科学者と悪役の2役を演じているのですが,なぜか,科学者役では妙な化粧をしていますが,それでも綺麗ですし。また,彼女の最初のシーンでは彼女の美しい体形を強調したチャイナドレスを着ていますし(ちなみに彼女の名前の「ユマ」はチベット仏教からきたものらしいです).

 ただし,話自体は冗談みたいなものなので,色々と変なところがあります。途中より着替える時間がなかったという設定なのか,彼女は悪役が着せた黒いボデイコンをそのまま着ていますし,また,ショーン・コネリー演じる悪役はひどく目だたがり屋で,議会まで行ってスコットランド風の衣装で大演説をぶちますし(ここらへんはイングランドとスコットアンドの対立を描いているのでしょうか)。そもそも,天候を自由に繰ることができるという設定なのに衣装や建物,自動車等は1950年代というのが一番面白いところですね。また,最後まで,まるで双子みたいに見える科学者と悪役との関係に関する説明もありませんし。

 それにしても,「好きとはいえなくて」あたりの彼女は気持ち悪い顔になってしまって,「ああ,ユマも終わりか」と思っていましたが,「ガダガ」や「アベンチャーズ」では完全に盛りかえしてくれたのがうれしいです。

 ということで,美しいユマを見れて大満足の映画でした。

(5)カストラート(ジェラール・コルビオ監督)(DVD)

 クラシック音楽好きの私にとって,以前から気になっていた映画でしたが,「カストラート」(ジェラール・コルビオ監督)をようやっと観ることができました。話に陰険なところがあるので,ううんといったところですね。

 この映画は歌手だったが,後に確か宰相にまでなり,歴史の教科書にも出て来るファリネッリを描いたものですが,私に気になったはその歌声です。現在はカストラート(声変わり前に男性器を切除されたために,女性のような声で歌える歌手)はいないので,本当の声はどうだったかわかりませんが,20世紀初めの録音で「最後のカストラート」と言われたモレツキによる録音が残っており,それを聴くと,それこそ孔雀が歌っているようだと思ったのですが(勿論,実際の孔雀の鳴き声とは違いますが),この映画の中の声はそれとはかなり異なり,弱々しい声です。当時は現在のロックのコンサートで失神する人がいるように,歌手の高音で失神する女性が多数いたそうですが,この声で失神する人がいるとはとても思えませんでした。この映画では,この歌声は男のカウンターテノール(裏声で歌う歌手)の声と女性ソプラノの声を合成したものだそうですが,ともかく,あまりに弱々しく,こんな声で本当に当時の人が熱狂した筈はないと思い,しらけながら観てしまいました。

 後は,当時の劇場は蝋燭で舞台を照らしていた筈ですので,非常に薄暗かったでしょうし,また,客席から舞台までかなり遠かったからそれほど気になることはなかったのでしょうが,当時の人達は体格のよい男が女装して高い声で歌うことって違和感がなかったのかなあということです。勿論,日本においても歌舞伎なんかそうですから,当時でしたらあまり感じなかったのかもしれませんが。

 兄との関係も陰険そのものですが,こういう陰険な話ではなく,ファリネルリの成功していく様子を明るく描いてくれたら,もっと楽しめたのだと思いました。

(6)スライディング・ドア[ピーター・ホーウィット監督](DVD)

 私の好きな女優の1人のグゥィネス・パルトロウが出演していますし,niftyserveのFYOUGAの評判がいいので,「スライディング・ドア」(ピーター・ホーウィット監督)を観ました。しかしながら,この DVDは今時TVサイズ画面というものでした。ううん,そのうちまたビスタサイズかシネスコサイズか知りませんが,それに直したものを出して,金を儲けようとする異人達の陰謀でしょうか。

 それはさておき,さて,感想ですが,期待した程ではなかったというところでしょうか。思ったほどパルトロウは綺麗で無かったし(といっても,元々,彼女は美人とは言えないと思いますが),また,話自体も私にとっては陰険というか,異人達の節操の無さを扱ったものですので,ちょっという感じがしました。

 勿論,同一人物による2つの話を同時に進めていくという方法には感心しますし,最後はどうなるのだろうか,この2つの話は結び付くのかと思っていたのいたのですが,残念ながら私の思いとは違った方向に,すなわち,平行線のまま進みましたし。もし,私が監督だったら,最後の部分をもう少し変わった形にしたいと思いました。

 それにしても,よくわからないのは,パルトロウの同棲相手の男が中々パルトロウを捨てて元恋人役のジーン・トリプルホーンを選ばないことです。私だったら絶対に彼女の方を選んだと思いました。

 パルトロウですが,一番似合っていたのはお下げ髪をして,レストランだかでウェイトレスをやっているところですね。短い金髪はあまり合っていない感じでした。

 さて,TVサイズの件ですが,話の内容のせいか,左右の映像が無いのに気になりませんでした。ということは,あまり左右が重要ではなかったのでしょうね。

(7)ブラス![マーク・ハーマン監督](DVD)

 私が好きな女優の1人のタラ・フィッツジェラルドが出演している「ブラス!」(マーク・ハーマン監督)を観ました。私は「ウェールズの山」という映画を観て彼女のファンになったのですが,彼女の他の出演作について調べたけれどわかりませんでした。ところが,niftyserveのFYOUGAの書きこみにてようやっと,「ヒア・マイ・ソング」と「ブラス!」の2本があることがわかり,早速,秋葉原にて,後者を入手したというわけです。

 さて,感想ですが,この映画は英国政府による炭坑の閉鎖とそれによる人間模様,そして,炭坑で働いている労働者が作っているブラスバンドを描いたもので,内容的には歴史の必然というか,物悲しいものがありますので,全体的には「明るい映画が好き」という私の趣味とは異なるものでした。また,映画自体のメッセージ性があまりに強いのも気にかかります(特に,最後の演説の場面ですね)。

 それにしても,英国の炭坑労働者って,日本の炭坑労働者の貧乏生活イメージとは段違いですね。家は綺麗ですし,自動車は持っていますし。これならば,健康被害のこと(特に,肺に石炭の粉がたまること)をぬかせば,それほど悪い職業ではないように見えますし。

 音楽では,最初の方で,ブラスバンドを伴奏にして,タラがトランペットに似た感じの楽器のフリューゲルを吹いてアランフェス協奏曲を演奏する場面があるのですが,そのあまりの美しさ及び哀しさに聴いていていて涙が出て来ました。私はギターはあまり好きではないので,この曲はあまり聴かないのですが,この映画での演奏は炭坑の行く末を暗示しているような物悲しさでした。また,最後に演奏される「エルガー:威風堂々」の物悲しい演奏もも大英帝国の衰退を象徴しているようでよかったですし。

 なお,デカプリオ風の軽薄な感じのあんちゃんが出て来ますが,完全にミスキャストという感じがします。もっとも,彼の存在が陰鬱な気分を救っている場面も結構ありますのが。

 さて,肝心のタラですが,年齢を隠すためか,話に合わせるためなのかわかりませんですが,目の化粧があまりに濃すぎると思いますが,「ウェールズの山」の時と同様に,相変わらず綺麗ですね。

 結論としては,この映画は音楽はよかったし,綺麗なタラを観れたので,大満足といったところです。

(8)荒鷲の要塞[ブライアン・ハットン監督](LD)

 久しぶりに「荒鷲の要塞」(ブライアン・ハットン監督)を観ました。このLDは何回観たか覚えていないくらい観ていますが,何回観ても,次々と出現してくる困難をなんなくこなしていくテンポの良さがいいですね。まあ,実際はこんなにうまくいくことはありえないのですが,打つ手,打つ手がピタリと決まる快感がいいですね。

 勿論,変なところも幾つかあります。まずは,敵地に数名で潜入するわけですが,この中にスパイがいるという設定にしては,なぜ,主人公が最初に殺られないのかわかりません。次に,途中の空中ケーブルの爆破場面,あれ,釣瓶式になっている筈ですので,1台がダメになったら,もう1台も動かなくなるのではないでしょうか。それに,あの場面で,機械室のドアを開けようとえらく苦労していますが,あんなものは手りゅう弾で壊せばいいと思うのですが,大きなハンマーで壊そうとしていやに時間をかけています。また,最後の方の橋に爆薬を仕掛ける場面,あれ,どうして,前日に仕掛けておかなかったのでしょうか。道端に大量の爆発物を仕掛ける等,ものすごく用意周到な割には抜けていると思うのですが。まあ,後はこちらが撃つ弾は当たるが,相手の弾はなぜかほとんど当たらないというのはこの手の映画の常道ですが(ただし,1カ所だけ当たる場所がありますが)。

 しかしながら,この映画には米国人将校が出て来て,そして,誰でも簡単に殺してしまうのですが,こういうのを見ると,やはい,米国人って戦争大好き,殺人大好きだなあと思ってしまいます。今現在(1999. 3.28)でも,わざわざ旧ユーゴスラビアまで行って,戦争を起こしていますし。すなわち,第2次世界大戦後の米国人って,世界に戦争を起こすことにしか,能力を使っていないのではないでしょうか。

(9)シティ・オブ・エンジェル[ブラッド・シルバーリング監督](DVD)

 ようやっと,メグ・ライアンが出演している「シティ・オブ・エンジェル」(ブラッド・シルバーリング監督)を観ました。これは映画館での予告編にて何回も観た事があったのですが,バカバカしそうな感じがしたので,評判がものすごく良いのは知っていたのですが,結局,行かずに,ようやっと発売されたので,観たというわけです。

 さて,感想ですが,思っていたのと随分違います。予告編を観た限りでは,私は喜劇的なラブコメ物だと思っていたのですが,そうじゃあなくてシリアス物だったのですね。ですから,笑う場所はほとんどありませんでしたし。また,この映画はニコラス・ケイジの映画であって,メグは付け足しといった感じですし。ですから,上記より,出演する女優さんはメグである必然性は全く感じませんでした。

 さて,肝心のメグ・ライアンですが,「ユーガット・メール」に比べれば,遥かに綺麗ですね。この映画でもアップだと険しい表情や,皺や醜い表情もありますが,全体から言えば,美しい表情が多いと思います(それと比較すれば,「ユー・ガット・メール」は衰えを隠せませんでしたし)。彼女の表情で一番良かったのは最後の方の坂道を自転車で下っているシーンでしょうか。そういえば,メグのベット・シーンってあまり記憶にないのですが,メグらしく,シャロン・ストーンあたりとは大違いですね。

 彼女の演技からいえば,冒頭の手術室の場面は結構,サマになっています。手術をしながら音楽をかけるところなどは,昔,有名な医者に「手術しながらショパンを聴くと,気分が高揚するのですよ」と言われたことがあり,本当のことらしいです。

 ところで,ニコラス・ケイジは「天使」ということになっていますが,これって「天使」というより「死神」だと思うのですが,異人達の間では,天使が死んだ魂を連れていくということなのでしょうか。コクトー監督の「オルフェ」では「死神」が副主人公でしたが,ここらへんの関係は一体どうなっているのでしょうか。

 後,天使達が朝日の上がる砂浜に集まる場面も意味不明ですし。それにしても,建物の高い場所にいつも上がっているという感じがします。

 また,ニコラス・ケイジ演じる天使って,ストーカーそのものだと思ってしまいますし,私のイメージからすれば,「天使」ってあんな中年男ではなくて(他の天使もなぜか,男ばかりでしたし),やはり,ギリシア神話に出て来るような子供の姿であってほしいと思います。

 なお,この DVDには66分程の特典画像がついており,その中の未公開シーンが非常に興味深いです。でもなぜか,本編と合わせて2時間程ですのに両面ディスクなので,ちょっと使いにくいのですが。折角,DVD化するのでしたら,未公開シーンも本編と合わせてしまい,自分で編集して観られるようにしてくれたら,自分専用のバージョンを作れて面白いと思うのですが。

(10)クリムゾン・タイド[トニー・スコット監督](LD)

 「クリムゾン・ダイド」(トニー・スコット監督)を観ました。俳優が俳優なので,全期待していなかったのですが,あまりによいので驚きました。まず第一に主題の音楽が実にいいですね。その上,艦長室ではモーツアルトの曲なんか流れていますし,また,途中では宗教音楽を使っていて緊迫感を出していますし。また,主題曲も弦を主に使っていて素晴らしいですし。

 特にすごいと思った場面は本国からの指示の確認の場面で,傍受された文書に書かれていたコード番号を金庫に入っているコードと照らし合わせて本物かどうか確認する場面ですね。この場面だけでも観る価値があると思います。ともかく,コード確認の緊迫感といったら!! そして,ミサイルを発射しようとしている場面の顔に緊張感のあまり流れる汗も場面も素晴らしいですし。

 また,狭い潜水艦の中をうごくカメラが素晴らしいですね。ともかく,色々な角度から撮るので,ものすごい臨場感です。本で調べてみたら,ちょうど「ブレイブハート」の頃に上映されていた映画なのですが,これも映画館で観たかったです。

 潜水艦の映画といえば,「Uボート」と「潜望鏡をあげろ」が有名ですが,前者はその迫力と緊張感がすごいですし,後者はそのバカバカしさがまた素晴らしいです。ううん,潜水艦映画って本数は少ないのですが(これ以外に,上記映画でも出て来た「眼下の敵」も中々でしたし),傑作が多いような気がします。

 そういえば,上記映画でも,海面から潜る場面で乗務員が階段を走り下りて行く場面がありましたが,これは「Uボート」の時と同様に,潜る先は前に人が集まって重心を前の方に持ってくるということだったのでしょうか。

 俳優ではやはり艦長役が一番のできでしょうか。

(11)プリティ・ウーマン(監督版)[ゲーリー・マーシャル監督](DVD)

 監督版の「プリティ・ウーマン」(ゲーリー・マーシャル監督)をようやっと観ました。これは劇場版に新たなシーンを加えたものとのことで,どこが異なるのかと思って観ましたら,どうやら,あの休日のシーン,すなわち,2人のデートシーンの最後の場面に,馬に乗る場面と酒場の前でからまれるシーンが追加されているようでした(LDにはこのシーンがないことは確認しました)。

 しかしながら,この場面を加えると,今までのほんわかした感じが急に変わってしまい,次のホテルへのシーンにスムーズにつながらない感じがします。すなわち,最初の監督の判断,あるいは製作会社の判断なのかもしれませんが,そちらのが正しいと思います。すなわち,馬の乗る場面の追加はOKなのですが,酒場の裏口でのシーンは暗いし,また,リチャード・ギヤ演じる主人公の別な面を出しているので,映画の雰囲気が変わってしまっていると思いました。

 なお, DVDになり,解像度が上がったためか,ジュリア・ロバーツの顔の欠点が結構目立つようになりましたし,また,付録も他の DVDの宣伝だけという状態ですので,LDを持っている人ならば,わざわざ買う必要はないように思いました。

(12)Lovers and Liars[マリオ・ノッセリーニ監督](輸入DVD)

 ゴールディ・ホーンは私が好きな女優の1人で,彼女の主演作のほとんどは観ている筈ですが,「Lovers and Liars」(マリオ・ノッセリーニ監督)観たことも聞いたこともない映画で,秋葉原の石丸電気の輸入 DVD売り場で,ジャケットが彼女の写真だったので,見つけたものです。

 というわけで,これは米国製の輸入 DVDで,日本語翻訳なしのものですので,米語がよくわからない私には大筋しかつかむもとはできませんでした。話はどうやら,TV広告に使おうとした愛人との行き違いのためにその同居人のゴールディ・ホーンを使おうとするがうまくゆかず,そのうちに二人はできてしまう。しかしながら,彼の父親が亡くなり・・・といった内容のようです。

 さて,肝心のゴールディですが,綺麗な時もあるが,大部分はブスっぽい感じで,話も結構シリアスですし,そもそも,かなりの部分が白人女性のわがままを描いたものなので,男の私には共感できない部分が多すぎます。

 色々調べてみると,どうやらこれは1979年製作のTV映画で,日本では「アニタと小猫」という題名で公開されたもののようです。1778年には傑作の「ファールプレイ」に,1980年にはこれまた傑作の「昔みたい」に出演していたのですが,これを含めて,彼女はシリアスなものも結構出演していますが,これらは大抵観ていて面白くないですね。やはり,彼女はコメディの時が一番生き生きとしている感じがします。

(13)パルプ・フィクション[クエンティン・タランティーノ監督](DVD)

 「パルプ・フィクション」(クエンティン・タランティーノ監督)は私の好きな女優の1人のユマ・サーマンが出演しているとのことで前から観たいとは思っていたのですが,LDのジャケットの写真のユマは黒髪の上,きつそうであまり綺麗に見えなかったので,ずっと購入しなかったのですが, DVDになったので,ようやく購入して観ました。

 さて,感想はというと,全編,血塗られているという感じで,やはり私の趣味ではありませんでした。それに,ユマの出番は,危惧した通りにほんのさわりしかありませんでしたし,その上,麻薬患者というのでは全くガッカリです,その上,やはり,写真の通りにきつそうで,どう見ても綺麗ではありませんでしたし。

 また,ウエイトレスに有名女優の扮装をさせた変なレストランが出て来ますが,ああいうのが本当にあったとしたら(米国のことだから本当にあるのだと思いますが),退廃の極みですね。

 ただし,映画の構成には全く感心しました。すなわち,3つの物語がうまく融合するという点に関してです。しかしながら,前述のように,あまりに血塗られた話であることから,私の評価は5段階指揮でDです。

(14)普通じゃない[ダニー・ボイル監督](LD)

 私の好きな女優の1人のキャメロン・ディアスが出演している「普通じゃない」(ダニー・ボイル監督)を観ました。ううん,変な構成の映画ですねえ!! 冗談映画なのは知っていたのですが,ここまで変な映画だったとは思いませんでした。そもそも,天国,神,天使らが出て来て地上を自分達の思い通りに繰ろうという話とは思いませんでしたし,おかげで,話の展開自体も全能の人達が行うのですから,それこそ,どうにでもできる感じですし。ともかく,話としてはあまりに稚拙すぎて,観ていて疑問だらけになる代物ですね。

 そもそもの疑問は,冒頭の病院みたいな感じの天国,何であのようにしなければならないのかさっぱりわかりませんね。その上,まるで,「ボニーとクライド」(映画「俺達に明日はない」ですね)みたいな天使?,これだけでも何を言わんかです。これだけでも,変なのに,出てくる父親も変ですし。ともかく,話のほとんどが全くといってよいほど納得させない代物ですね。

 この映画で一番良かったのは,2人で「ラ・メール」を歌いながら踊る場面ですか。ここもちょっと妙ですし(突然,彼らが着替えていますし),また,キャメロンの歌は下手ですし,また,声も悪いのですが,それでも観ていて楽しい気分になるのがいいですね(でも,キャメロンの上腕って,ちょっと,たくましすぎるような感じがしますが)。

 さて,肝心のキャメロン・ディアスですが,さすがに「メリーに首ったけ」の時より若く見えますね。彼女って顔は角張っていてとても「綺麗」とは言えないし(いわゆる「ファニー・フェイス」ですね),声もいいとは言えませんが,目の表情はいいですね。後は,妙にセクシーなことが特長でしょうか。勿論,芝居はうまとはいえませんし。その上,筋力トレーニングでもしているのでしょうか,上腕は妙に男っぽいですね。というわけで,本来は私の首尾範囲外の女優さんですが,それでも,魅力的なことは違いありません。

 ということで,全体からいえば全くの期待外れのものでしたが,あの踊るシーンで,それが帳消しになったということでしょうか。

(15)卒業[マイク・ニコルズ監督](TV)

 NHK教育TVで放映された「卒業」(マイク・ニコルズ監督)を観ました。この有名な映画は小説の方は読んでいたのですが,映画自体は観たことがなかったので,TVの字幕スーパーでやるとのことで,久しぶりにTV放送での映画を観ました。もっとも,力を入れて観たのではなく,インターネット上の私のホームページへの追加部分を作成しながら,会話を聴き,時々,画面を観るといういいかげんなやり方で観たので,全部をハッキリと観たわけではないのですが。

 さて,感想ですが,この頃のダスティ・ホフマンは若々しいですね。また,キャサリン・ロスの初々しいこと!! 身も心も化け物みたいなロビンソン夫人といい対照をなしています(でも,彼女も異人ですから,もう少したったら,ロビンソン夫人みたくなるのでしょうね)。

 勿論,この映画は今の目から見れば,随分,軽い感じですね。今ならば,ロビンソン夫人との情事は肝心な場面は歌でごまかしてしまうという方法ではなく,強烈なベットシーンしょうね。そうでなければ,夫人があれだけ彼に夢中になるというのも納得できませんし。まあ,当事だから,あの程度ですんだのでしょう。

 それと,ホフマンがいやに結婚,結婚と騒ぐのも気になりますし。だって,彼は働いていないという設定でしょう。それなのに結婚ですか。それに,何かあると歌でごまかすという脚色家や監督の姿勢が気になります。

 ということで,今日の水準からいえば,かなり劣っている映画だと思いますが,それでも,キャサリン・ロスの初々しさで映画全体が救われているという感じですね。

 それにしても,ロビンソン夫人を見ると,もう少したてばキャサリン・ロスもああなるのかと思ってしまい,興ざめしてしまいます。やはり,あれは異人の本性と思うのですが,それは考え過ぎなのでしょうか。もっとも,日本でも,ここ数年は小遣い稼ぎの高校生売春が流行ですので,米国でああであってもちっともおかしいことはありませんが。

(16)地上より永遠に[フレッドージンレマン監督](TV)

 深夜TVにて放映された「地上より永遠に」[フレッドージンレマン監督]を録画しておいたのですが,ようやっと観ました。

 この映画は砂浜でのラブ・シーンが有名で,写真を何回も観たことがあったのですが,驚いたことにこの映画は白黒だったのですね。あのラブ・シーンはカラーだったと思っていたのですが,それは私の記憶違いだったようです。

 さて,この映画ではデボラ・カーが出演していますが,不倫をしているという設定のためか,あまり綺麗ではありません。また,ドナ・リードもきつい感じで私の趣味ではありませんし。デボラ・カーの出演作で私が好きなものは「ゼンダ城のとりこ」と「めぐり逢い」ですが,ここでの彼女とはかなり異なり,この映画では不倫という設定のために,顔に醜い心を感じさせようという設定のためでしょうが,退廃的なものを強く感じてしまいます。こういう役は役者として非常にやりがいのあるものだと思いますが,私にとってはやはり好きではないです。

 それにしても,彼女の着ているものはハワイは暑いとはいえ,すごい露出度ですね。外に出るのに,背中丸出しのワンピースですし。まあ,異人だから,こういうのは許せるのだと思いますが。

 後はやはり時代的な制約を感じますね。ラブシーンもキスだけですし

 さて,話は第2次世界大戦直前のハワイにいる米軍の陰湿ないじめを描いたものです。キュービック監督の「フル・メタル・ジャケット」でもそうでしたが,軍隊というのは人の心を無くして,人殺しをする集団にするところなのでしょうね。ですから,ここでも,私が思っている一般的な米国人と異なり,かなり陰湿な感じです。まあ,米国といえば第2次世界大戦後でも,朝鮮戦争,ベトナム戦争,中東戦争と多くの戦争の当事者となって,戦争中,あるいは戦後に精神的におかしくなった人も結構いたみたいですので,

 基本的には米国人って戦争が大好きなのだと思っています。西部劇の世界ですから。

 結論としては,傑作のことは認めますが私の趣味ではない映画ということでしょうか。

(17)エクセス・バゲッジ[マルコ・ビアンビア監督](DVD)

 アリシア・シルバーストーンって太っていてブスっぽいし,また,話す時に額に何本もの皺がよるので全くといっていいほど私の趣味の女優さんではないのですが,レコード店にて「エクセス・バゲッジ」(マルコ・ビアンビア監督)のDVDのジャケットをみて,「ううん,中々面白そうじゃあない」ということで,買ったものです(注:私の場合はほとんどレンタルビデオ店は利用しません。前回,借りたのは5年程前です)。

 ということで,早速の感想ですが,面白かったです。まあ,誘拐を自作自演しているうちに犯罪に巻きこまれるというものですが,何せ,一種のアイドル映画ですからドキドキせずに気楽にいられるのがいいですね。しかしながら,勿論,不満もあります。すなわち,まず,父親の職業が全く出て来ないこと。どうやら,犯罪に関係があるようなのですが,それが全くといってよいほど描かれていませんし,それが描かれていないことにより,今度は娘との確執がさっぱりといってよいほど描かれなくなってしまって,話自体の真実性が出て来なくなっています。また,「おじ」という人物も,職業がなんだかさっぱりわからず,こちらも掘り下げが必要ですね。ということで,表面だけをなぞった台本のせいによる話の真実味の無さがこの映画の特徴というべきでしょうか。

 また,話自体も全くといっていいほど新鮮味がありませんし。私だったら,あのやたら格好がよい「おじ」に彼女が恋していて,助けられた途端,「貴方の来るのを待っていたの」なん言って飛びついてキスをし,最後は2人が結ばれるという設定にしたら面白かったと思うのですが(その時の父親の驚きなんかも描写すれば最高ですね),片方は犯罪者,もう一人は金持ちの跳ね返り娘という組み合わせでは,どう考えても行く先は見えていますので。

(18)ハーフ・ア・チャンス[パトリス・ルコント監督](DVD)

 劇場でも観たバネッサ・パラディが出演している「ハーフ・ア・チャンス」(パトリス・ルコント監督)をDVDで観ました。私はヴァネッサのファンで,今までの出演作である「白い婚礼」や「エリザ」のLDのほか,彼女の歌も好きなので,CDやLD(ビデオクリップ)も持っていますが,映画好きの人にもビデオ・クリップのLDはお勧めで,特に,「ラ・モール」の映像の美しさは特筆に値すると思っています。

 さて,感想ですが,ううん,この映画,傑作ですね。劇場で観た時も楽しく観る事ができたのですが,今回は筋を知っているせいか,更に楽しく観れました。

 ただ,気がついたのは,アネッサの顔のしみの多いこと,多いこと。20歳代というのに可哀想なくらいシミが多いですね。後は相変わらず歯並びの悪いのも気にかかりますし。ただし,アップしない時の横顔は相変わらずいいし,声も中々いいですね。

 なお, DVDでは撮影風景みたいな感じの特典映像がついていましたが,これも観ていて楽しいものでした。

(19)バッドマン フォーエバー[ジョエル・シュマッカー監督](LD)

 バットマンってハッキリ言って嫌いなのですが,セクシーなニコール・キッドマン見たさと中古LDが680円で販売されていたので(売れからでしょうが,沢山残っていました),購入して観た「バッドマン フォーエバー」(ジョエル・シュマッカー監督)です。

 観た感想ですが,前2作と異なり,非常に軽い感じですね。前2作は暗く重い感じでしたが,それが非常に軽く,完全にゲーム感覚になっています。それと,バットマンの役者が変わって大人っぽくなった割には弱くなってしまって,最後の戦いもツキとインチキで勝ったようなものですし。

 肝心にキッドマンですが,こちらはセクシーでいいですね。彼女の出演作で一番のできではないでしょうか。金髪が実にいいですし。早速,インターネット上で彼女の画像を検索し,バットマン・フォエバーでの彼女の画像を入手し,パソコンの壁紙を作りました。

 しかしながら,この映画,コンピュター・グラフィックの使い過ぎのような気がします。この手のSFXって,味付け程度に使うと効果があるのですが,この映画ではほぼ全編に使っているので,嘘ッポすぎて,もしかして,それが監督の目的なのかもしれませんが,入りこめませんでした。例えば,最後の方で3人が非常に深い穴に落ちるのですが,その場面なんて,全くといっていいほどリアリティを感じさせませんし。例えば,エマニエル・ベアールが出演していた「ミッション・イン・ポッシブル」で,トンネルの中でヘリコプターと列車が戦うなんていうシーンがありましたが,こちらも SFXでしょうが,非常にリアリティがありましたし。やはり,映画って,真実っぽく作ってくれた方が好きです。

(20)わが恋は終わりぬ[ヴィダー監督,キューカー監督](TV)

 私の趣味はクラシック音楽を聴くことなのですが,フランツ・リストが主人公の映画「わが恋は終りぬ」(チャールズ・ヴィダー監督,ジョージ・キューカー監督)が放映されていたので,録画して観ました。この映画はヴィダー監督が撮影していたのですが,途中で亡くなったので,キューカー監督が残りを撮影したものだそうです。

 この映画は,リストが内縁の妻(ただし,人妻だった伯爵夫人)との間に子供が2人もあるのに,ロシアの公妃(勿論,こちらも人妻)と恋愛関係になるが,・・・・・というものです。リストが主人公ですので,ピアノを弾くシーンが多数あり,リストの曲のほか,ショパンやワーグナー等の曲が演奏されています。ただし,ピアノは当時の楽器風ですが,音は現代楽器です。ということで,違和感がありそうですが,ベートーベンやモーツアルトの曲とは異なり,それほど違和感はありませんでした。

 さて,肝心な女優さんですが,公妃(カトリーヌ)を演じたキャプシーヌって綺麗ですねえ!! ガブリアル・アンフォーによく似た顔つきで。リスト役はちょっと軽薄過ぎる感じが気になりましたが,キャプシーヌのおかげでそれも打ち消されています。彼女の他の出演作を観てみたいと思って調べてみると,クラウディア・カルディナーレが出演している「ピンクの豹」に出ているのですね。このLDは勿論持っていますので,そのうち,確認してみようと思っています。

 この映画の原題は「Song Without End」ですが,直訳すると,「終わりなき歌」ということですが,日本題は「わが恋は終わりぬ」ですから,全くといってよいほど違いますね。

前ページ ビデオの感想目次 Home 次ページ